御堂筋税理士法人創業者ブログ

「最も重要なことに集中せよ」

ドラッカーさんの名著

『経営者の条件』のなかの

成果をあげるための5つの習慣

その第4の冒頭である。

 

「成果をあげるための秘訣を

一つだけ挙げるならば、

それは集中である。

成果をあげる人は

最も重要なことから始め、

しかも一度に一つのことしかしない。」

 

この考え方を

具体的にどう実践したらよいか

そのノウハウ本が

『エッセンシャル思考』

 

 

(グレッグ・マキューン著)だと

言えるかもしれない。

 

相当ええ本だったので

自分でまとめがてら、ご紹介したい。

 

ドラッカーさんはいう

「成果の90%は、

 10%の要素から生まれ

 コストの90%は

 成果を生まない90%から発生する。」

(『創造する経営者』より)

 

「だから業績の鍵は集中である」

と彼は直後に断言する。

 

体験的にも、

理論的にもそのとおりだと思う。

虫眼鏡で光を集めたら

紙を燃やすことさえできる

という論である。

 

「エッセンシャル思考の生き方は、

意味のある生き方だ。

本当に大切なことを大切にする生き方だ。」

とマキューンは定義する。

 

そのための障害は

人間の無思想、欲張り、決断力不足だ。

 

では、それをどう裁いて、断ち切って

本当に重要なことに力を集中させるか?

 

彼のいう手順はこうだ。

 

0.エッセンシャル思考の

 効果性と重要性を腑に落とす

 ・集中こそ成果を発揮する

 ・そのためには瑣事を捨てる

 選択・ノイズ・トレードオフ

 

1.見極める

 些末なことから重要なことを見分ける

 孤独を大切にする

 洞察して本質をつかみ取る

 遊びが大事、睡眠が大事

 選ぶのは厳しい基準で

 

2.捨てられるようになる

 目標を明確にする

 断固として上手に断る

 途中でもキャンセルできる

 編集する

 線引きする

 

3.捨てる→集中をしくみ化

 バッファを取る

 削減

 少しずつ絶え間なく前進する

 習慣を築く

 今ここに集中

 

という内容である。

そしてそれらにかかる

事例、エピソード、名言が

ちりばめてある。

 

読者は、そこから

なーるほどと納得し

自分で採用するポリシーを

ピックアップすればよい。

 

エッセンシャル思考による

大事なことに集中する生き方は

シンプルな生き方

引き算の生き方、

今を大切に生きる生き方だ。

 

そのことを彼は

次のようなエピソードで

象徴づける。

 

「そのことを考えるとき、

いつも思いだす話がある。

3歳の娘を亡くした男性の話だ。

彼は娘の短い人生を形に残すため、

一本の動画をつくることにした。

 

そこで撮りだめていたビデオに

目を通していたのだが、

あまりの物足りなさに驚いてしまった。

 

普段から、旅行や外出の際には

必ずカメラをまわしていた。

だから数はたくさんあった。

ところが、映っているのは

景色や食べ物や建物ばかり。

娘の顔のアップなど

数えるほどしかない。

旅行先の珍しいものを撮るのに夢中で、

本当に大切なものを

おろそかにしていたのだ。」

 

そうならないように、

後悔しないように生きたいものだ。

 

会計事務所と

経営コンサルティングの融合

 

御堂筋税理士法人&

組織デザイン研究所

 

小笠原 でした。

 


関連記事

Noimage ブログ

事業承継のセミナーをさせていただきました。

Noimage ブログ

『戦争論』を読んでみて

Noimage ブログ

ギリシャ神話に記されたリーダーの使命に納得

Noimage ブログ

『選ばれるプロフェッショナル』

Noimage ブログ

営業のミーティングはどのようにすべきか?

Noimage ブログ

少しおすそわけ~時間管理のしかたについて

Noimage ブログ

お酒という問題

Noimage ブログ

新年の所感を書き上げてっと・・・