御堂筋税理士法人創業者ブログ

みなさん、おはようございます。

とっても興味深い

グーグルの経営の考え方

昨日書き残した

残りをご紹介します。


5.コミュニケーション

インターネット時代の

従業員の仕事は「考えること」だ。

もちろんインターネットの世紀にも

カネは重要だが、

企業にとっての真の生命線は

情報である。

21世紀の企業において

カギを握るのは、

スマート・クリエイティブを吸い寄せ、

すばらしい仕事をさせることだが、

彼らに十分な情報を与えないかぎり、

それは不可能だ。

⇒それはそのとおりだ。

まともな人間の真の協力を得るには

業績はフルオープンしなければならない。

ということは、処遇についても

腹をくくるということだ。

だが、その見返りは

とてつもなく実りある。

もう一つ、

透明性の具体例といえるのが

OKRだ。

OKRとは個々の社員の

目標と主要な結果指標である。

すべての社員が四半期ごとに、

自らのOKRを更新して

イントラネットで公開する

ことになっており、

他の同僚が

どんな仕事をしているかが

簡単にわかる。

⇒業績目標と数字を

宣言してもらい

見える化することは必要

 (ラリー(創業者の一人)がなぜ

現場の細部を知っているのかについて)

ラリーは現場のエンジニアから

情報を得ていた、

「スニペット」という

便利なツールを使って

直接情報を集めているのだ。

スニペットは各社員の

週次報告書のようなもので、

数分もあれば記入できる

簡潔な内容だ。

⇒やはり業務日報は必要で

目を通さなければ

グーグルでは

新プロダクトや主要機能を

発表した後、

担当チームに「反省会」を

させている。

⇒これは弊社もそうで同感

グーグル屈指のリーダーのなかには

会話を促すために、

ちょっと変わった試みを

する者もいる。

たとえばウルス・ヘルツルは

"ユーザーマニュアル"を作った。

部下に自分という人間の扱い方、

壊れた場合の修理法などを

説明するためだ。

⇒上司マネジメントは大切で

それを上司の方から

コツを伝えてあげるのは

親切の極みだろう。

仕事に限った話ではないが、

何かを人に伝えたいと思ったら、

たいてい20回は繰り返す必要がある。

数回言うだけでは、

みんな忙しすぎて、

おそらく気づかないだろう。

…だからリーダーは常に

"コミュニケーション過剰"

であるべきだ。

…「お祈りはいくら繰り返しても

ご利益は減らない」。

⇒そうやなあと染み入った。

これは習慣として取り入れよう。

それにしても心に邪悪がない

まっすぐな人だ。

というわけで

下記のルールが示された。

正しいコミュニケーションの

過剰のルール

①そのコミュニケーションは、

 あなたが全員に伝えたい

 重要なテーマを強調するものか?

②コミュニケーションは効果的か?

③コミュニケーションは

 おもしろく、楽しく、刺激的か?

④コミュニケーションは

 こころがこもっているか?

⑤コミュニケーションは

 正しい相手に届いているか?

⑥メディアの選択は適切か?

⑦正直かつ謙虚に。

 不運な事態に備えて好意を蓄えておこう。

単調な職場会議をおもしろくする、

簡単な手がある。

参加者に出張の報告をさせるのだ。

⇒なるほど、使えそう。

メールの心得

メールはとにかく

有益で有効なツールだが、

根っから楽観的で前向きな人にまで

不要な不安やいらだちを

感じさせることがままある。

相手にそんな思いをさせないために、

私たちが心がけていることを紹介しよう。

①すぐ返信する

 …短くてよい「了解!」

②メールでは一言一句が大切で、

 ムダな長文は要らない。

③メールの受信トレイは

 常にきれいにしておこう。

④メールの扱いは

 後入れ先出し法で

⑤自分が「ルーター」

 であるのを忘れずに

⑥BCCを使うときには、

 その理由を自問してみよう。

⑦メールで相手を叱り飛ばさない。

⑧仕事の依頼を

 フォローアップしやすくする。

 ~自分にもフォローアップ

  として送っておく。

⑨あとで検索しやすい

 ように工夫する。

 ~キーワードをつけて

  自分に転送しておく。

⇒私も含め、不作法を

 ぜひ直したいと思っている。

シチュエーション別の

コミュニケーションのルールブック

を作っておく。

1:1の面談~

ミーティング中に話し合うべき

トップ項目

①職務に対するパフォーマンス

②他の部署との関係

 (組織の一体感・一貫性を保つのに不可欠)

③マネジメント・リーダーシップ

④イノベーション

 (ベスト・プラクティス)

⇒弊社、幹部諸氏

 そういうことのようです。

6.イノベーション

イノベーションとは

「新たな大ブーム」を

つくりだすことだ。

CEOはCIO

(最高イノベーション責任者)であれ。

ユーザーに焦点を絞る。

発想は大きく、(ほぼ)

実現不可能な目標を設定する。

70:20:10のルール

…リソースの70%を

コアビジネスに、

20%を成長プロダクトに、

10%を新規プロジェクトに充てる。

…新しいアイデアに

投資しすぎるのは、

投資が足りないのと

同じぐらい問題である。

…10%が適切なのは、

もう一つ理由がある。

クリエイティブは制約を好むのだ。

絵画に額縁があり、

ソネットは14行

(俳句は575みたいなもの)

ときまっているのはこのためだ。

⇒欧米人の一般教養と

ユーモアはやはりすばらしい。

…イノベーションを奨励するときに

一番やってはいけないことは、

資金を与えすぎることだ。

世に出してから手直しする。

失敗は壁ではなく、

道と考える方がよい。

ビジョンについては頑固に、

細部については柔軟に。

ざっとまあこんなところかなあ。

スマートなこころにふれた

本でした。

会計事務所の可能性を追求する

御堂筋税理士法人&

組織デザイン研究所

大阪 税理士 小笠原 でした。


関連記事

Noimage 高業績企業づくり

あたまを抱えるヽ((◎д◎ ))ゝ

Noimage 高業績企業づくり

やっぱりしっかりした経理マンが入ると経営が締まってくるなあ

Noimage 高業績企業づくり

ものづくり企業の業績管理

Noimage 高業績企業づくり

生産性を高める方法論

Noimage 高業績企業づくり

幹部人材のご紹介

Noimage 高業績企業づくり

運転士さんの子どもたちが書いた絵をプリントしたすてきなトラックが快走中!

Noimage 高業績企業づくり

セミナーでのインスタント決算書診断が大盛況でした。

Noimage 高業績企業づくり

チームのマインド