御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

今日は、事務所の初出です。
メンバー全員が、元気に出勤してくるか、なによりの関心
全員が元気に、笑顔であいさつできてほっとします。

さて、わが事務所は
今日から、税理士法人としてあらたなスタートをします。
年頭の互礼の場で、そのことに対するわたしの思いを話しました。

個人としての税理士事務所であれば、わたしの事務所でした。
窮極的な意味で、Privateな存在でした。

しかし、税理士法人となれば、Publicなものとなります。
もちろん、わたしが支配的な出資者ですが、
しかし主要なメンバーである他の人たちも出資します。

そういう意味で、さらに
公私の峻別、意思決定の民主性、判断の公正性が
求められると思っています。

個人事務所であるときの、
よくもわるくも100%
わたしに帰属するというかたちから

他の方々にも責任がおよぶという
いわば責任を共有してもらうわけです。

ある種、肩の荷が軽くなる半面
さらにいっそう精進し、考え方を大きくし、
組織全体に報いなければならないと思いを新たにしています。

どだい、けちな根性のわたしですから
中期経営計画で方向性だけは出したものの
こうした決断ですら、何年もかかってやっと実現したわけです。

今年は、業績的にはきびしい局面を覚悟しております。
(もちろん、すくすくと育った方がよいわけですが)
それも成長のひとつの通過しなければならない
プロセスかなとも思っています。

発展の質(充実)と量(成長)でいえば、質を求める、
生物の内的成長と外的成長でいえば、内的成長を求める、
竹にたとえると、胴が伸びるのではなく、節を作る、

停滞、沈滞という外的な評価、反応が
われわれの創造力を促し、新たな成長をもたらせてくれるでしょう。

それをメンバー一同が、しっかり受けとめ、対応してくれるのを
こころから期待しているわけなのです。

コンサルティングに強い税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原
でした。


関連記事

Noimage ブログ

1年間の経営価値観講座を受けた方々の思い

Noimage ブログ

幹部の仕事力~マネジメントの前にまず『読み書きソロバン』

Noimage ブログ

商工会議所の経営指導員さんの研修

Noimage ブログ

今年も新たな新入社員を迎え入れました。

Noimage ブログ

所内のロープレ

Noimage ブログ

お客様とのリーダーシップ研修

Noimage ブログ

桜島の爆発を見ながらのコーチング研修

Noimage ブログ

日曜日の手慰み