御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

大乗仏典の重要著作、維摩経を読み終えました。
これもけっこう長いなあ。
法華経と同じように、戯曲的構成ですが
でも痛快で、深遠ですねえ。
なにしろ、聖徳太子さまが
注釈書を書いたくらいですからねえ。

さて、その筋書きですが、
維摩詰という長者さんがいて、
この人がまた、それはものすごい認識レベルの方
ふだんは、世俗の中で生きているのですが・・・

その維摩が病の臥せっているので
お釈迦さまがだれか弟子に見舞いに行かせようとするのです。

ところが、どの弟子も、
かつて、維摩にけちょんけちょんにいわされた経験があり、
全員がしり込み・・・
すでに成仏しているぼさつさまたちにもお願いしたが
弥勒さんさえしり込み

やっと認識レベルで対タイのもんじゅ様が行くことに
そりゃ、もんじゅさんは智慧第一ですものね
こりゃ見ものと、弟子、菩薩さん方も大挙ギャラリーでいくことに

そしてお見舞いの場でなされる
議論の高邁なこと、
いきなり竜樹の空論で維摩が歓迎の一発パンチ
超能力を駆使して、さまざまなものを現出させたり・・・
おかげで弟子たちも勉強になりましたと
最後にお釈迦さまが維摩の正体を明かし
一同、納得!!
そして、さてこの教え誰が引き継いでいくのだ!・・・

とにかく、そのあと展開される議論の抽象度、ために成り度の高いこと、高いこと
それにしてもむずかしい。
でも、これが大乗仏典の傑作といわれるのはわかる気がします。
よんでいて、おもしろいですものね。

事務所の終日研修用にまとめようと
インターネットをみていたら、『超訳』があったのでご紹介
わかりやすいが、それとても長大ですね。

さて次は勝鬘経、女人の信仰の経典です。乞うご期待!

コンサルティングに強い税理士法人小笠原事務所 大阪 小笠原
でした。


関連記事

Noimage ブログ

ローマの哲学者 セネカの『怒りについて』を読んで

Noimage ブログ

サウンドオブミュージックでおなじみのマリオネット

Noimage ブログ

おじいさんの読書記-『ドン・キホーテ』比類なき文学の金字塔

Noimage ブログ

商工会議所の経営指導員さんの研修

Noimage ブログ

私が会計事務所のコンサルタントをするとしたら・・・(その2)

Noimage ブログ

ささやかな読書会

Noimage ブログ

M&Aの交渉が進みつつある

Noimage ブログ

奥様のご実家の事業を引き継ぐ