御堂筋税理士法人創業者ブログ

昨日の日曜日

大阪 上本町の

シェラトン都ホテルで

わたしたちが通った

大阪市立五条小学校

昭和40年卒業生の同窓会

が開かれ、出席してきました。

それは卒業50年という

大きな節目のときを

記念するものでもありました。

(同窓会と恩師のごあいさつ風景です)

実はこの同窓会ですが

昨年の秋に

わたしの5年生のときの

担任であられた

細川泰夫先生に

友人の山田君と

ふたりでお会いしたおり

雑談の中から

そのようなお話になり

先生からも背中を押され、

それで彼と私が

初動して世話人会が発足し

実現したものです。

そして多くの有志の方々が

打ち合わせを重ね

役割分担をして

準備をしていきました。

名簿の再作成、案内の準備と発送、

ホテルの予約や打合せ、

恩師との連絡、出欠の確認、

名札などの用意、スライドの上映企画、

式次第などの準備、予算立て、

当日の設営と運営、恩師の送迎、

会計処理、決算

など多くの方々の働きがなければ

とてもできなかったでしょう。

さて、本会は

400名に近い卒業生のうち

90名が出席してくれ

ほんとうになつかしさにあふれ

大いに盛り上がりました。

この小学校は

当時は、大阪市内でも特別に

ポジショニングされていた学校で

実に生徒の過半は

いわゆる越境入学生で

占められていました。

地域的にも文教地区で

あることもあいまって

卒業生としては

大企業のオーナーや

大きな病院の経営者

医師、教育者、弁護士や会計士

大学教授など

日の当たる立場の方も多く

また、第二の人生、あるいは主婦の方

もたくさんいらっしゃいます。

さらに、東京、名古屋、島根など

遠方からわざわざ見えられた方も

いらっしゃって、

友人たちの、参加への熱意を感じました。

来賓の恩師の先生方は

お三方でしたが

いずれも80歳半ば

しかし、皆さまかくしゃくとしておられて

なつかしいご高説を

たっぷりお聴きすることができました。

わたし自身も

たくさんのなつかしい方々の

お顔を拝見でき、

親しくお話をすることができて

とても有意義でした。

そして、皆さんの実に楽しげな

屈託のないお顔を見ていると

ほんとうに同窓会を開いて

よかったなあと感激が

こみ上げてきました。

(二次会での懇談風景です)

こうした歳月を経た同窓会で

感じることはですが、

かつて仲が良かったとか

疎遠であったとかに関わりなく

お互いにすなおに

親しく交わることができること

よくお顔を見ると

昔とちっとも変りなく

面影がしのばれること

一応のキャリアを終えて

(もちろん現役バリバリの人も多いが)

その人となりや年輪が感じられること

それでもなお

小さなころの気質がそのまま出ていたり

あるいは

人生の遍歴の中で当時は見えなかった

人柄が発揮されていたり

そうした妙味を感じることなどです。

わたし自身は

とんでもない変な奴で

皆さんから、「いじめられた」とか

「こわかった」とか、

(本人はそこまでとは思っていない)

貴重なフィードバックをいただき

ああやっぱりと納得したしだいです。

それを踏まえて

「小笠原君、やさしぃなったなあ」

とか言われるとほんと

なんだかうれしくなりました。

この先、このようなことが

あるのかどうかはわかりませんが

想い出の一つの

大きな節目となったことは

まちがいないと感じました

とても力をいただいた

貴重で珠玉の時間でした。

会計事務所の可能性を追求する

御堂筋税理士法人&

組織デザイン研究所

税理士コンサルタント 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

ルーティーンを確立させる

Noimage 雑談

鉄道マニア

Noimage 雑談

店長さんのまごころに感動

Noimage 雑談

映画史上燦然と輝くとんでもない大スペクタクル映画

Noimage 雑談

スマホで検索するくせ

Noimage 雑談

わたしはインデアン・カレーの大ファンである。

Noimage 雑談

雑感-老骨に鞭打って

Noimage 雑談

新年のごあいさつと今年の抱負