御堂筋税理士法人創業者ブログ

人間は、80%は見たものから

考え、判断するという。

だから、何を見るかは

意思決定に大影響を及ぼす。

ビジネスでいうと

会議の資料は、議論の質に

大影響を及ぼすというわけである。

 

そこで、私は考えざるを得ない。

どのように、

ビジネスで起こっていることをとらえて

どのような資料をつくり

どのように分析するか。

 

そして、

これを経営幹部に教え

思考力、判断力を

磨いてもらわなければならない。

 

というわけで、

ここ数日、

あれこれ頭の中で

考えだしていたことを

老人性早起き病を活用して

今まで作った資料などを見ながら

思索ノートにあれこれ書きつけた。

 

(簡単なまとめ)

 

考える順序は

1 事象の見方

2 資料のつくり方

3 分析のしかた

である。

 

1 事象の見方

 

ドラッカーによれば

成果を挙げるための

企業をめぐる現実についての

仮説は以下のとおり

 

(1) 企業とは、知識による

     資源→成果の変換プロセス

(2) 資源を機会に投じること

     で成果は挙がる

(3) 一番だけが選ばれる

(4) ものごとは陳腐化する

(5) 資源はあやまって配分されている

(6) 成果を挙げるカギは集中である

 

これを受けた

事象の見方として

次の8つの視点を挙げてみた。

 

(0) 収益性

(1) 細分化→異常点発見

(2) 偏在

(3) 比較

(4) 変化

(5) 因果関係

(6) タイプ分類

(7) 市場地位

 

このうち(6)と(7)は成果に関するもので

他は、成果・資源の両方に関する。

 

2 資料のつくり方

 

ここで資料とは表と図のことである。

表とは、ほぼ数字の表であり、

図とは、ほぼグラフなどのことである。

 

(0) 収益性

 表;P/L、資本利益率、損益分岐点

(1) 細分化→異常点発見

 表;たてよこで項目を立ててつくる

(2) 偏在

 表;構成比つき順位表

 図;パレート図・構成グラフ

(3) 比較

 表;額・率による比較表

 図;比較グラフ・ウォーターフォール図

(4) 変化

 表;推移表・予測表

 図;推移グラフ・移動平均図表

(5) 因果関係

 表;プロセス表・生産性表

 図;プロセス図・相関図

(6) タイプ分類

 表;分類表

 図;2×2マトリクス

(7) 市場地位

 表;シェア推移表・比較表

 図;上記のグラフ

 

3 分析のしかた

 

(0) 収益性

     基準と比較して特長と課題を挙げる
(1) 細分化→異常点発見
     予期せぬ成功・異常点つぶし
(2) 偏在
     上位集中+下位切り捨て
(3) 比較
     良い点ブラッシュアップ

     悪い点解決
(4) 変化
     傾向と変化点をつかみ

     ブラッシュアップと解決
(5) 因果関係
     プロセスの量と品質を見て

     さらなる強化とボトルネック解消
(6) タイプ分類

     ニッチ選択と捨てる領域検討
(7) 市場地位

     強化と選択→集中

 

なんだか、味気ない書きぶりになったが

これを基に、幹部の

左脳を鍛えるプログラムを作りたい。

 

なにせ、それが鍛えられたら

必然的に儲かるというわけである。

 

経営コンサルティングと

会計事務所の融合

 

組織デザイン研究所&

御堂筋税理士法人

 

小笠原 でした。


関連記事

Noimage 経営幹部の育成

数字に強くなるにはどうすればよいか?

Noimage 経営幹部の育成

私はドラッカーをこう教える。今年のドラッカー講座の内容をまとめています。

Noimage 経営幹部の育成

幹部の仕事のルール

Noimage 経営幹部の育成

人材育成の取組みのインタビューを受ける

Noimage 経営幹部の育成

腹落ちするとは?

Noimage 経営幹部の育成

大人の算数教室

Noimage 経営幹部の育成

お客様の経理責任者のパワーをアップさせたい

Noimage 経営幹部の育成

経営幹部に求められるスキルを実践に即して学んでもらうプログラム