御堂筋税理士法人創業者ブログ
各セミナー会社は、
来年のセミナーの企画も大詰め
 
昨日、某社から
メールをいただいた。
 
私に、『幹部の仕事のルール』
いうお題で登壇せよとのご依頼である。
 
というわけで、
意味の理解と、
なんでわたしに?の理解を
パソコンをたたきながら進めた。
 
その結論は次のとおり。
 
あなたのご参考になればと思い
次に掲載をさせていただきました。
 
―――――――――――――――――
 
小笠原でございます。
ご依頼の件、
下記のようなものでよければ
担当をさせていただきます。
 
セミナーの概略
 
はじめに.
 仕事の内容と進め方は
 同様にだいじである。
 必要なことはドラッカーが
 教えてくれている。
 
Ⅰ.幹部の仕事の進め方
 
 1.マネジメントのしくみを確立させる
  ➀自分と部下の目標設定と目標管理
  ➁1ヶ月のPDCAサイクルを確立させる
  ➂部下との個人面談は
    毎月の必須事項である
  ➃効果的な会議の運営は
        マネジメントの要諦である
 
 2.経営を見える化すれば業績が上がる
  ➀数字で経営実態が見える化すれば
       業績がおのずと上がる
  ➁部門の活動と成果の数字の
       体系化の方法
  ➂経営のコックピット🄬の作り方
 
 3.あなたもコミュニケーションと
      意思決定のスキルが高まる
  ➀幹部はコミュニケーションについて
        どのような考え方をもつべきか
  ➁コーチングの技術を身につける
  ➂会議を効果的にする役割を演じる
  ➃意思決定のしかた
   ⅰ意思決定のレベル
      ⅱ意思決定の5つの手順
 ワーク;話の内容をまとめる
 
Ⅱ.幹部の仕事の内容

 
 序.幹部としての
        自分のしごとはなにか?
  ➀幹部は組織に貢献しなければならない。
  ➁幹部のしごとは3つある。
    ⅰ仕事での成果
       ⅱイノベーションと価値観の浸透
       ⅲ部下の育成
 
 1.仕事での成果を挙げ、
       生産性をあげる
  ➀なすべきことの全体像を
        体系的にまとめる
  ➁生産性を上げる目標を立て推進する
  ➂まずは時間管理をする
 
 2-1.イノベーションをする
  ➀イノベーションとはなにかを
        きちんと理解する
  ➁イノベーションの管理のしかた
 
 2-2.価値観を浸透させる具体的方法
  ➀価値観の重要性を再確認する
  ➁部門の風土は
       あなたの人格の反映である
  ➂自己啓発—読書とふりかえり
  ➃価値観の浸透のさせ方
 
 3.部下の育成はあなたの本来業務だ
  ➀OJTのしくみをつくる
  ➁具体的な部下育成のしかた
  ➂部下育成の意味と必要性を
       哲学的に腑に落す
 ワーク;話の内容をまとめる
 
以上
 
――――――――――――――――
 
感想
これって、ドラッカーさんの
考え方の再編集だなあ。
 
経営コンサルティングと
会計事務所の融合
組織デザイン研究所&
御堂筋税理士法人
 
税理士コンサルタント
小笠原でした。
 


関連記事

Noimage 経営幹部の育成

「先生、管理職はどのようにして育成していくのですか?」

Noimage 経営幹部の育成

お客様の経理責任者のパワーをアップさせたい

Noimage 経営幹部の育成

幹部育成のあり方をドラッカーに学ぶ

Noimage 事務所のこと

来年の仕事の取組み

Noimage 経営幹部の育成

ある会社での幹部育成の第二ステージのスタートです。

Noimage 経営幹部の育成

人材育成の取組みのインタビューを受ける

Noimage 経営幹部の育成

すなおな営業課長が語ってくれたうれしくなるようなお話

Noimage 経営幹部の育成

先生、いい経営者と悪い経営者とのちがい示すことをたった一つだけ挙げるとすればそれは何ですか?