御堂筋税理士法人創業者ブログ

ある方から、

幹部を育成してほしいという

依頼をいただいた。

昨年のことである。

この会社は

とあるニッチ分野で

シェア60%以上を占める

リーディング・カンパニーである。

そもそも

こうしたニッチOnly1の

地位を占めているということは

1.経営者の創造力が卓越していた。

2.顧客の問題解決の姿勢が真摯であった。

3.営業の努力が並々ならなかった。

4.財務や管理のセンスにおいて

  バランスがとれている

などの特質があったにちがいない。

私の幹部人材の育成理論は

経営計画を考えさせる⇒実行管理させる

=経営者育成教育

という考え方であるから、

そのむねをお伝えした。

経営者は大変すなおな方なので

(なにしろ眼が澄み切っている)

さっそくに取組みをスタートさせた。

そして半年

・事業の定義

・SWOTによる事業戦略検討

・バリューチェーン分析による

 競争優位性検討

・目標管理シート作成

・コックピット作成

を進め

過日、経営計画を考える過程を

すべて終えた。

その間、

読書の大切さなど

皆さんにお伝えしてきた。

対象者は4名の若手幹部だが

ご他聞にもれず

当社でも2トップ以外は

実質的な部長クラスが不在で

彼らは次をになう存在である。

その特質は

なによりも『すなお』であるということだ。

これは第一の特質ではないだろうか。

とにかくよく質問をしてくる。

とてもいいことである。

さて、これから

1年間、彼らの育成をお願いしたいという

新たな依頼を受けた。

ありがたいことである。

この後

コックピット会議を通じて

彼らが、業績を管理し、

目標管理を行なっていくことに

伴走をしながら

彼らにものの見方・考え方・実行法を

伝授していくつもりである。

そのために

先行手配として

弊社の『会議見学会』に

ご参加いただき、

会議のあり方を目視していただいた。

フォローアップは

5月から始めるが

それまでに来月

コーチングの訓練を

受けておいてもらうようにお願いした。

部下指導やファシリテーションに

必要だからだ。

指導テーマとしては
次のようなことを
進めていきたいと思っている。
①コックピットを使ったビジネスの掌握力
②目標管理シートを使った実行力とPDCA
③ビジネス数字力
④論理思考力
⑤部下の指導力
⑥価値観
⑦ドラッカー超初級編
ぜひとも
すくすくと育っていってもらいたいものだ。
私もやりがいを感じて取り組みたい。
それがご厚誼をいただいている
専務様・社長様への貢献だからだ。
経営コンサルティングと会計事務所の融合
組織デザイン研究所&御堂筋税理士法人
税理士コンサルタント 小笠原 でした。


関連記事

Noimage コンサルティング

高業績企業を創る最後の仕上げは人材の育成です

Noimage 高業績企業づくり

お客様の経営会議でインスタント経営分析報告をしました

Noimage 会計や税務のこと

ほとんどの中小企業は組織とマネジメントの整備がなされていない-経理篇

Noimage コンサルティング

すべての情報は役に立つということ

Noimage 高業績企業づくり

まごを育てるのに勉強中(*^o^*)…冗談ですよ

Noimage 高業績企業づくり

ドラッカーは会議の生産性についてどういっているか。

Noimage 高業績企業づくり

稲盛さんのアメーバ経営を読み直した。

Noimage 高業績企業づくり

データを売上増に結びつけるヒントの本