御堂筋税理士法人創業者ブログ

小笠原です。

しばらく読書にかまけて

ブログまで手がまわりませんでした。

このままだと10月はぼうずなので

駆け込みで書いておきましょう。

 

さて、テーマは数字に強くなるです。

昨日も、お客様の幹部社員の

マネジメント教育をしていて

ある参加メンバーが、

課題は数字につよくなることです

というてはりました。

 

「私の感じるところ、

中小企業では

トップと社員の80%は

数字に弱いとおっしゃる。

 

しかし、それでは困る。

なぜなら経営は数字で評価されるからだ。

 

では、数字に強くなるには

どうすればよいか?

いわく、決算書が読めるようにと…。

 

もちろんそうだが、

もっと日常の思考で

数字に強くなってほしい。

 

それは、

「どうすればより儲かるか?」、

「それは儲かるか?」

という思考である。

 

それは意思決定のために行なう。

その第一は、

売上×粗利益率-固定費額=利益

という『利益方程式』を

きちんと理解して、

会議の折などで

計算できるようになることである。

 

そのために、

わが社の粗利益率、

月固定費額を覚え、

さらになんぼ売ったら

トントンになるかという

『損益分岐点』をわかっていることである。

 

これが数字に強くなるベースである。

これを採算意識というのである。

 

それがわかれば、

次に売上をP単価×Q数量で

考えるくせをつける。

 

Pは利ザヤ管理につながる。

Qは稼働管理につながる。

Qのポイントは、

稼働率、平準化、

リードタイム(一つ当りの処理時間)である。

 

多くの人はQを見過ごすが、

数字に強い人はQが

大儲けのコツだと見抜いている。

 

くだんのメンバーに

そのあとの会議で

利益方程式を教えて

実際に来月の販売予測から

予想利益を計算させてみた。

なんとか計算できた。

 

だが、考え方を説明させると

まだまだちんぷんかんぷんである。

理解できていないのである。

腑に落とさせるために

社長に継続して質問するように

おねがいしておいた。

 

利益を計算できるようになれば

その結果として会社は

より儲かるようになるのである。

 

会計事務所と経営コンサルティングの融合

御堂筋税理士法人&組織デザイン研究所

小笠原 でした。


関連記事

Noimage 経営幹部の育成

今日はわが社の社員研修の日です。

Noimage 経営幹部の育成

経営幹部の育成のご依頼

Noimage 経営幹部の育成

腹落ちするとは?

Noimage 経営幹部の育成

リーダーシップのトレーニング

Noimage 経営幹部の育成

決算書と数字の勉強会〜あきんど塾の取組みレポート

Noimage 経営幹部の育成

ある会社での幹部育成の第二ステージのスタートです。

Noimage 経営幹部の育成

幹部のトレーニング講座を検討中-幹部は、起こっていることを見て、分析できなあきまへんな

Noimage 経営幹部の育成

これからこの会社を背負っていく人たちにマネジメントを教えるにあたってあれこれ考えます…