御堂筋税理士法人創業者ブログ

今日は、わが社の研修日です。

 

私の役割は、私が日頃、

お客様との取組みや思索を通じて

感じたり、考えたりしていることを

みんなに伝え、みんなの意見を聴き

また、特に若い人たちの

知識や説明能力を確認することです。

 

先日、来年の経営計画の取組み概要を

合宿を通じて決めましたので、

今日はそれに基づき、

私が考える職業会計人のあり方を

伝えようと思っています。

 

そして、その内容が、

来年に私が彼らにほどこす

訓練のプログラム内容になるのです。

 

ということで、

すこし専門的になりますが、

お付き合いください。

 

こうした、心がまえは

技術以前に不可欠だと思うのです。

『技術は理念に従う』

 

――――――――――――――――

 

2019年9月18日

 

スタッフがもつべき

職業会計人としての視点と見識

 

序 前提となる原則

 

(1)税理士は、まず法律家である

 

(2)企業の経営者は通常、

 税理士に経営的な助言を期待している

 

(3)メンバーに求められる業務水準は、

 小笠原が追及し、

 諸君に求める水準による

 

(4)真の実力は、

 日々遭遇する実務判断での

 法令、最例、下級審判決、通達、

 有権解釈にあたることで養われる。

 税務ハンドブックなど

 便益的な文書だけで妄信せず、

 確信を持てるまで上記文書で検討判断する

 

(5)税務は手段である。

 経営者と経営の目的を忘れず、

 いざとなればそこに戻って考える

 

(6)職業会計人の価値は、

 ➀外部者であるゆえに

  客観的な意見を

  述べることができること、

 ➁お客様の社内のだれよりも

  会計の専門家であること、

 ➂お客様の存続が、

  わが社の存続の

  絶対的前提条件である、

  ことにより生じる

 

(7)お客様にいうべきことはいう

 

(8)自らの責任と法的防衛力

 を意識して言動する。

 

(9)下記による視点と見識を

 身につけるためには、

 わが社の職能要件書に定める

 年次別職能要件により、

 年度計画で目標を設定し、

 目標管理シートにより

 自己管理と上司面談を通じて、

 習得に取り組む

 

1 税務と会計

(1)法人税法の確定申告における

 決算の位置づけ

 (以下省略)

 

(2)公正なる会計基準とは、

 企業会計原則、原価計算基準、

 財務諸表規則、中小企業会計基準等

 (会計原則等)をいうから、

 これらの正確な理解は不可欠である

 

(3)会計原則等において、

 重要な認識は以下のとおりである

 (以下省略)

 

(4)決算および月次監査を行なう

  にあたっての必要な知識の内容

  (以下省略)

 

(5)同族法人の担当を行なうにあたって

 求められる総合的な税務の判断基準

 (以下省略)

 

2 職業会計人に必然的に伴う、

  経営助言的期待と役割

 

 (1) 経営助言的期待

 

  ➀決算書から見た、

    儲けとお金の残り方の特徴と課題

 

  ➁月次決算の分析と、

    そこから読み取れる課題と解決策

 

  ➂経営者および幹部がもつべき、

   数字を考える視点

   ・利益方程式による

    損益分岐点の理解と採算意識

   ・P×Q思考による増益の着眼点

   ・生産性の意味と重要性、

    および向上の着眼点

 

  ➃ 経営意思決定の基準

   ・製品利益の確保、有利選択など

    業務的短期意思決定判断基準

   ・設備投資など

    長期的意思決定判断基準

   これらは、小笠原の執筆した

   『幹部の数字』講座の

   テキストにより学ぶ。

 

(2) 経理の改善力

 

   ➀月次決算の

       早期化と正確化の改善力

 

  ➁経理業務の

      合理化の視点と指導力

 

(3) 内部統制(内部管理)

     に関する知見と見識

 

  ➀職務分掌、決裁権限、

        諸規定など業務のルール

 

  ➁販売と債権管理、

        回収管理の業務フローとルール

 

  ➂仕入と債務管理、

       支払管理の業務フローとルール

 

  ➃生産プロセス、業務プロセス、

       棚卸資産管理の

       業務フローとルール

 

  ➄現金、資金管理、

       有価証券、契約書、

       金庫などの保管と管理ルール

 

  ➅給与計算の

       業務フローと管理ルール

   これらは、『中小企業の内部管理』を

     テキストとして学ぶ。

 

(4) 経営とマネジメント

      に関する見識と自己錬磨

 

  ➀経営とマネジメントの基本は、

        P・ドラッカーの『マネジメント』

       の読書による身につける

 

  ➁これを補完するものとして、

       経営者に必要なリーダーシップ

       の基となる『価値観』を

       森信三先生の

       『終身教授録』の読書により身につける

 

  ➂『創造経営教室』への参加により、

        ふりかえり力を学ぶ

 

(5)経営者との対話術

 

   ➀経営者のお話をうけたまわる

       すなおな心の持ち方と姿勢

 

  ➁そのために必要な

   傾聴力、質問力を、

       コーチングやNLPにより

       身につけ、力を増す

 

以上

 

―――――――――――――――――

 

経営コンサルティングと

会計事務所の融合

 

組織デザイン研究所&

御堂筋税理士法人

 

小笠原 でした。


関連記事

Noimage 事務所のこと

社員の教育テキストづくり〜テーマはお客様と決算書をどう共有するか

Noimage 事務所のこと

小笠原さん、3Sはなぜ必要なのですか?

Noimage 事務所のこと

パソコンのファイルの整理でフーフー (◎_◎;)

Noimage 事務所のこと

社長からのリクエストで、弊社の新人育成プログラム(1年)を作りました。

Noimage 事務所のこと

2019年の経営実績をふりかえる

Noimage 事務所のこと

わが社のスタッフの教育訓練の全体系を作りつつあります。

Noimage 事務所のこと

管理部長にクボタの同期生を迎える

Noimage 事務所のこと

2時間でドラッカーがわかる!