御堂筋税理士法人創業者ブログ

岡山の中国銀行さんの後継者育成塾で
経営計画を作るレクチャーを担当させていただいた。

その内容は、ドラッカーのいう経営者の課題
・マーケティング
・イノベーション(革新)
・生産性向上
・人材育成
という4つのテーマについて考えてもらうというものだった。

その中で生産性の向上というテーマを
お話ししていて気づくところがあったので
皆さんと共有をしておきたいと思った。

会社の業績は
(売上高-変動費=粗利益)- 経費 = 利益
で計算される。

もちろん、P/Lではそう計算するが

生産性では、これを割り算で表わす。

生産性とはなにか?
まず経営者はこれを理解しておく必要がある。

それは例えば、人間の生産性の場合
粗利益/人件費
で表わす。

もっと本質をいうと
生産性= 粗利益(=成果) ÷ 人件費(=活動) である。

つまり生産性とは、
成果と活動、OUTPUTとINPUTの関係、
活動がどれくらい成果をあげるかの変換効率をいう。

しかしこれを単なる割り算と捉えてはいけない。
活動が成果を生みだす、変換率と考えなければならない。
あくまで活動の効果性に焦点を当てることだからだ。

生産性はいく種類か捉えておかなければならない。

・人の生産性
・お金の生産性
・設備の生産性
・経費の生産性

特に人の生産性がもっとも大事だ。
それは人件費がもっともお金がかかるし
人の働きが成果を生みだす元だからだ。

そして生産性を考える場合
きちんと活動をしているのかという問題と
その活動が成果に結びつく切れ味である。

これが生産性を考える根源だ。

そして、さていよいよ
わが社の生産性を高めるという課題に入るのである。

その場合、わが社の生産性を高める
もっとも大事な業務は何かである。

それは大きく次の4つに分かれるだろう。
・営業のプロセスの生産性
・業務のプロセスの生産性
・生産のプロセスの生産性
・サービスのプロセスの生産性

このうちどれがわが社の生産性を
左右する問題かである。

新規開発の営業であれば
マーケティングでいうAIDASモデルを使い
A(認知)→I(関心)→D(欲求)→A(購買)→S(ファン化)というプロセスで
求めるAの量(例えば新規顧客開設口座数20社、売上5,000万円とか)を
ベースに(それを答えとして)、それに必要なA、I、Dの必要量=活動量を
A→I、I→D、D→Aへの転換率(営業の成功率)を加味して
決めていくことが必要だ。

こういうモデル=仮説=基準があってこそ
実行してみての成果、効果性、活動量の検証ができるというものである。

同じことは生産にもいえる。

業務やサービスでは、なんといっても、
「いかにして人を少なく、サービス水準を下げることなく、むしろ上げていくか」
を考えて仮説を立てなければいけない。

大いに、皆さんの
論理思考力、数字組み立て力が問われるところである。

考えて、仮説を立て、それを実践してみて
思考錯誤で改善していくと
どんどん成果が挙がるのである。

経営改善のおもしろいところである。

スポーツが、肉体のゲームなら
経営は、思考のゲームである。

コンサルティングに強い税理士法人小笠原事務所 大阪 小笠原
でした。


関連記事

Noimage ブログ

四月も終わりですね

Noimage ブログ

修身教授録のまとめ~その1

Noimage ブログ

言葉は思考の源、日本語に強くなる。

Noimage ブログ

早起き

Noimage ブログ

ゲリラ豪雨の中での会議と研修会

Noimage ブログ

郡上八幡の会社に経理状況の調査にまいりました。

Noimage ブログ

夕ご飯のメニュー

Noimage ブログ

旧松下電工の辻本さんの営業のお話は大変に参考になった。