御堂筋税理士法人創業者ブログ

先日、わたし宛に

日本企業年金連合会から

年金の支払通知がきた。

金額は年に6万円ほどだ。

でも正直うれしい。

と同時に、そういう年になったか

という感じもある。

わたしも60歳を余裕で超えた。

友達も(みなサラリーマンだから)

定年をむかえている。

子会社で経営をしている人もいれば

完全にリタイアした人も増えてきた。

ひるがえってわたし、

一応、中小企業のおやじで

まだ代表者ということになっている。

(なかばオペレーションマネジメント

は放棄しているが)

だが時代は確実に次世代のもので

彼らが存分に活躍してくれるのが

とてもうれしい。

思うのだが、

60歳を超えた人間の

存在価値とはなにだろうか?

もはや、生殖の能力と意欲もなくなった

(それがまたいいのだが)

人間は生存する意味があるのか?

これが鮭や蝉だったら

すぐにこの世とおさらばである。

ひとり人間だけは

その後も長ければ数十年の

付録のような老後がある。

最高のスコラ神学者

トマス・アクィナスは

神を定義して

『存在が本質である存在』

といっている。

老後も同じことで

特にあくせくしなくても

食べては行けるし

子育てからも解放されているし

三昧なことにすべての時間を投じても

OKな生活である。

わたしなども

一日中、本のページを繰り

パソコンを開いている状態だ。

わたし自身は

考えることが本質だと思っているから

まさにそれはアクィナスのいう

神様の人間版の生き方か?

(決して俺は神様みたいに

えらいといっているのではない。

くれぐれも誤解なきように)

それでもって

家内からも特に文句もいわれない。

つまり好きなことをずっとしていられる

考えてみれば、ありがたい境地である。

人間の一生は

動物から生まれて

神様に近づいていく

道程だと考えることもできるが、

してみると、

老後というのは

だんだん神様に近づいていく

生きざまのステージのような気がする。

そこで考えるのだ。

年寄りのお役立ちとはなにか?

まあ、年を取らないと

見えてこないものもある。

企業、組織のメカニズム、あり方、

どうすればパフォーマンスがあがるか

いかに人は動機づけされるか・・・。

いずれにしても

とても一丁前とはいえないし

まだまだ未熟ものだが

それでも培ってきたものを

若き人たちに伝授していくことが

使命だと感じている。

会計事務所の可能性を追求する

御堂筋税理士法人&

組織デザイン研究所

税理士コンサルタント 小笠原 でした。


関連記事

Noimage 経営者へのメッセージ

人材育成の哲学をまとめております。

Noimage 経営者へのメッセージ

こども手当で独自の少子化対策にがんばる社長

Noimage 経営者へのメッセージ

お金の殖やし方を研究しましょう。

Noimage 経営者へのメッセージ

名経営者の会議参加術~名伯楽(すぐれた資質を持つ人を見抜く力のある人物)になる。

Noimage 経営者へのメッセージ

今月の御堂筋経営セミナーではマーケティングについてお話しします

Noimage 経営者へのメッセージ

ドラッカーさんのマネジメント論についてあれこれ➀

Noimage 高業績企業づくり

「社長、M&Aした会社の経営者向けに経営指針を作りましょうよ!」

Noimage 経営者へのメッセージ

『影響力のマネジメント』のご紹介ーその1 パワーは必要だ