御堂筋税理士法人創業者ブログ

1年間、私の話を聴いてくれた

若き経営後継者に

贈ることばをしたためた。


生意気かもしれないが

せひとも、真意を察していただき

深く思ってもらいたいものだ。

なぜなら、とても気にかかるからである。

―――――――――――――――――

経営者のこころがまえ


1.人に会ったら話を聴く、

  そしていろんな人に話を訊くこと

  人に会うときは、自分の話をせずに、

 相手の話を訊くことに徹すること。

  得意先、従業員、仕入先、

 同業者、友人の話をじっくり訊くこと。

  そして、それに腹をたてぬこと。

 なぜなら、それが

 世間が感じていることだから。

2.フィードバックを大切にせよ

  

  究極のフィードバックは、

 業績である。

  業績が悪くなったら、

 経営者として力不足だと

 頭をうなだれること。

 そして、反省することである。

3.経営計画を基軸に経営を進めること

  幹部といっしょに

 経営計画を毎年立てること、

 その中で自由な意見交換をすること。

  経営計画では

 必ずアクションプランを立てること。

 毎月、幹部を集めて、

 経営会議を開くこと  そこで何をしてきたか、

  数字はどうかを

 しっかりチェックすること。

4.社員の話を聴くこと

  日常で、会議で、雑談で、飲み会で、

 とにかく社員の話を聴くこと。

5.こころをみがくこと

  立派な経営者が経営したときだけ、

 企業は業績をあげる。

  だから自分を磨かなければならない。

  そのためには、本を読むこと、

 言葉を慎むこと、行動を慎むことだ。

6.師をもつこと


  こころをみがくためには、

 絶対に師が必要である。

 師を求めなさい。

7.経営に外部者を入れること


  あなたに本音を言う人は、

 社内にも、社外にもいない。

 だから、耳に痛いことを

 言ってくれる人を経営に入れよ。

8.勉強せよ

  数字に強くなれ、

 数字がわからない人は、

 会社を滅ぼす。

  経営には定石がある。

 だから経営、マネジメントを学べ。

9.会社は公器であり、

 あなたの私物ではない。

 力な足りないと思ったら誰かに託せ。

 

 「企業は、偉大な経営者が

 経営したときだけ、偉大である。」

  力及ばない場合、

 力及ぶ人に託するのが、

 尊敬に値する人と評価されること

 を忘れずに。

10.上記のことについて、真剣に考えよ。

近々彼にお会いするので

しっかり伝えたい。

経営コンサルティングと会計事務所の融合

組織デザイン&税理士御堂筋税理士法人

税理士コンサルタント 小笠原 でした。



関連記事

Noimage 経営者へのメッセージ

こども手当で独自の少子化対策にがんばる社長

Noimage 経営者へのメッセージ

今月の御堂筋経営セミナーではマーケティングについてお話しします

Noimage 経営者へのメッセージ

『影響力のマネジメント』のご紹介ーその1 パワーは必要だ

Noimage 事務所のこと

2020年わが社をふり返って

Noimage 経営者へのメッセージ

ドラッカーさんのマネジメント論についてあれこれ➀

Noimage 経営者へのメッセージ

『影響力のマネジメント』のご紹介―その4 パワーの力学をわかっておこう

Noimage 経営者へのメッセージ

経営者であるあなたには、資金感覚をもってほしい!

Noimage 経営者へのメッセージ

名経営者の会議参加術~名伯楽(すぐれた資質を持つ人を見抜く力のある人物)になる。