御堂筋税理士法人創業者ブログ




わたしのインデアン・カレーの頼み方は

「カレーとピクルス2つ!」である。

「インデアン・カレー」は、

千日前発祥のカレー専門店で、

大阪を中心に9店舗を展開している。


はじめて行ったのは、今から50数年前。

爾来、麻薬的な味に魅せられ

通いつづけている。


元ヅカガールの女性が創業した

という話を聞いたことがあるが、

お店のセンスからそうかも?と思わせる。


人それぞれに、

自分流の注文にしかたがある。


メニューは、

カレー、ハヤシ、スパゲティと

シンプルだが、

実にたくさんのパターンがある。


まずルーの量が、ふつう、多め、

ダブルと3種類ある。


次にごはんの量が、ふつう、大、

少な目と3種類ある。


さらに卵をかけるかどうか、

それも黄身だけか全卵かで3種類、


そして独特のキャベツのつけもの

(ピクルスという)の大盛りなど。


それだけで3×3×3×2の

54種類できる。


それにスパゲティもあるから、

メニューは、もっと多くなるのだ。


しかしピクルス大2つは、

わたしだけかもしれないと

ひそかに自負するところだ。





ところで、三番街のお店など

お昼時は長蛇の列ができる。


食べるのには10分もかからない。

席が20あるとして、

お昼だと時間120人の客が入る。


一日当り500人客が来るとして、

単価が700円だとすると、

1日で35万円の売上、

ひと月では1,050万円、

1年では1.2億円の売上である。


粗利益率70%とし、

経費を月に200万円とすると、

この店の利益は、

テナント料を引く前では

なんと60百万円!


うらやましい!

いっとき実家の店舗で

FCをやらせてほしいと

思ったくらいであった。

顧問税理士やりたいなあ。

それにしても、このカレーのレシピ、

どうなっているのだろうか?

実に麻薬的な味わいは、

コカ・コーラの秘密の調合に

近いものがある。

とにかく、しばらく食べないと

無性に食べたくなるのだ。

奇縁というべきか、

今は事務所のあるビルの地下に

お店があるし、

自宅近くにもお店があるので、

以前にも増して食べる回数が

増えてしまった。

生涯あと何回

食べることになるのだろうか。

ご縁は尽きない。



関連記事

Noimage 雑談

映画史上燦然と輝くとんでもない大スペクタクル映画

Noimage 雑談

My焼肉店ベスト5

Noimage 雑談

ドラッカー流意思決定を家庭で実践するとどうなるか

Noimage 雑談

小学校の卒業五十周年の同窓会

Noimage 雑談

(..) 大好きだったお蕎麦屋さんが閉店してしまった…

Noimage 雑談

イタリアの実力

Noimage 雑談

店長さんのまごころに感動

Noimage 雑談

鉄道マニア