御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

次に向かったのは北九州のお客様
建材店の子会社の住宅会社。

依頼者は建材店社長の女婿であるKさん
第一期の決算の打ち合わせが主なテーマであった。
住宅会社の第一期の決算は
受注が主体で、売上は遅れるため
業績が大儲けとはならないところが頭の痛いところ

運転資金の調達などについて相談に乗る。
私は第二期の業績の予測と説明のしかたをお話し
わが社の業績予測に対する信頼性をいかに
銀行になるほどと納得してもらえるか
そのためには根拠に基づく予測値を示し説明し
そして四半期ごとの報告でいかに90%以上の確度で
業績をキープできるかが大切であることを
Kさんにお話しした。

そしてかねて私が考えている住宅会社の
業績の予測と管理のツールである
『儲けのコックピット』をエクセルで即興で作った。
Kさんにわが社の受注にいたるプロセスを聴きながら
各プロセスでのフォロー量(なんぼチラシを播いたとか)
とストック量(今見込客さんが何人いらっしゃるかなど)を測定し
業績予測に必要な情報を洗い出し
約2時間かけて出来ました。

これによれば第二期の決算予測は
○○,○○○千円の黒字
Kさんに聞くと、これは頭の中の数字と大差なさそう
「この資料を毎月あなたが自分で作るのが経営管理のスタートだ」
とお話し、これから毎月作成することをお願いしました。

そして銀行に対する説明のためということも兼ねて
儲けのコックピットも含めた
簡単な経営計画書の作成を求めて
その作成期限を決めさせていただいた。
Kさんも大変だと思うが
これは業績をあげる経営者になってもらうための
必要なステップ。

夕方仕事が終わって、
小倉まで出て「稚加榮」で食事をしながら話を交わした。
彼の話もいろいろお聴きし、私が思うところも話をさせてもらった。
いろいろな苦労も重ねているが
私は早く苦労してよかったと思っている。
なぜならその経験の数がKさんを
よき経営者に育てる糧だと思っているから
彼なら必ずできる。

税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

ウィーンフィルのニューイヤーコンサート

Noimage ブログ

材木店の事業承継のお話をさせていただきました。

Noimage ブログ

プラトンの最高の文章

Noimage ブログ

旅の計画のしかた

Noimage ブログ

高山のすし兆さんで夕食

Noimage ブログ

念願だったドラッカーの講座を開くことができました。

Noimage ブログ

中学校の同窓会は滑りこみアウトでした

Noimage ブログ

忘れ物と落とし物対策