御堂筋税理士法人創業者ブログ

毎月事務所でしている、
ドラッカーのマネジメントの勉強会も3回目となる。
今月のテーマは、
「仕事を生産的にし、働く人に成果を挙げさせる」ということだ。

再熟読して、最近の問題意識もふまえ
かなり気づきがあった。

まとめた資料をセミナーの担当者にメールするとき
ついでに、全メンバーにも送った。
気づきを共有したいからである。
以下はそのメールの内容

「担当者殿

第3回のドラッカー講座資料です。

-仕事を生産的にして、働く人をして成果をださせる-

1.仕事の分析と改善・・・マネジメントのしごと、コンサルタントのしごと→業務フロー分析
2.フィードバック・・・すべての会社で、壁に毎日売上や生産量を貼りだすなど、見える化すること
3.継続学習・・・改善サークルをすぐに立ち上げること

がポイントです。すぐに指導に使ってください。

ところで、淡路町に、鳥料理のお店あるようです。
ローソンの北どなり、○○円でできるように交渉中です。

小笠原」

いいたいことは、1~3なのである。
・仕事の分析と改善は、主としてコンサルタントの貢献できる領域だから
 しっかり取り組めということ。
・数字を壁に貼るのは、業績を即効あげる秘訣だから
 必ずそうするようにアドバイスせよということ。
 (だから皆さんも必ずそうしてください。ドラッカーはそれに分析は不要
  といっています。人間とはそういうもんだということです。
  なにより、安上がりですよね)
・職場改善のサークルはすぐに組織して、キックオフさせろということ。

コンサルティングに強い経営エンジン研究所/税理士法人小笠原事務所
大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

会計事務所甲子園決勝大会

Noimage ブログ

経営者に必要な銀行借入金の知識(2)

Noimage ブログ

スタッフのロープレ教育のネタ探し

Noimage ブログ

ドラッカーをまとめ続けていて、ふと感じると・・・

Noimage ブログ

経営会議でのふりかえり

Noimage ブログ

怒らないということ

Noimage ブログ

経営計画の本の打ち合わせ

Noimage ブログ

横浜でのお金に強くなれるセミナー