御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

ある会社の経営会議で、業績報告の実践演習をしてみました。

最初にわたしが、必要最小限の説明をさせていただきました。

会議で歯車のかみ合った議論をすることの大切さ
・・・なぜなら、効果的な意思決定をすることが会議の目的だから
その出発点は、報告者がトップがよく理解できるように報告すること
それは、課題の全体像→結論→内容説明(目標→実績→GAPの原因・理由→気づき→今後の取り組み宣言)となります。

というわけで、参加された支店長さんに、約5分間、今日の報告方法を
ワークシートをお渡しして考えてもらいました。

そして、いよいよ実践演習です。
あくまで練習ですから、気楽にね。
トップバッターは、Kaさん、がんばって!
発表の持ち時間は5分、キッチンタイマーでタイムキープします。

「えーっ、では業績報告を行います。結論ですが・・・
 ★◎$#%@*・・・というわけで、報告を終わります。」
「ハイ、お疲れ様でした。時間はと(タイマーを見る)2分半ですよ。」
「そんな短かったですか?」

「では、皆さんフィードバックシートで、クリティークしてあげてください。」
・・・
「じゃ、できた人から、フィードバックしてあげてください。」
「ハイ
「おおっ、ではまずMさんから、どうぞ」
「はい、まず落ち着いて話しておられました。・・・少し原因の掘り下げが
足りないように思いました。・・・総合評価はB-です。」

てな具合で、全員がフィードバックしてあげました。
最後に、ご自分で自己評価をしてもらいました。
「皆さんのフィードバックは適確で、とても勉強になりました。」

こうして3人のクリティークをさせていただきました。

最後に、私から感じたことをお話ししました。
・報告書を書くということは、思考が伴っていなければならない。
 書きながら、ふり返り、考え、気づき、これからの行動を決意し、
 想定されるトップからの質問に準備をする。
 そうした心の作用がなければ、報告のための報告書書きに終わっている。
・皆さんの報告は、そういった観点から見れば、まだ掘り下げ不足である。
 トップ(報告を受ける側)が、業務に熟達しているので、皆さんの報告の
 隙間を補足して聞けているので、意味が分かっているが、素人が聞いたら
 よくわからない。
・報告書のフォーマットに沿って、真剣に書けば、そのような思考ができる
 ように、フォーマットは作る必要がある。

クリティークを受けてみて、皆さんの感想は、とても有益だったとのことです。

来月は、このような形で意識して、報告をしてもらい、
内容に踏み込み、よき意思決定ができるように
していただければよいなと思いました。

コンサルティングに強い税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原でした。


関連記事

Noimage ブログ

なにわあきんど塾の卒塾懇親会

Noimage ブログ

見識のある社会保険労務士さんとの意見交換

Noimage ブログ

毎年進化発展する〜17回目の経営計画発表会

Noimage ブログ

幹部を集めた初めての経営計画合宿

Noimage ブログ

7月の事務所終日研修

Noimage ブログ

いつか後継者育成塾をしたいと思っています。

Noimage ブログ

所内研修で組織開発の勉強

Noimage ブログ

1分間でわが社の強みを伝える。