御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

いつもどおりパソコンに向かっていると家内が
「ねえ、ずっとそうしてるのん?」と訊ねるので
「どこかへいきたいの?」と訊き返しました。
「京都に河井寛次郎の記念館があるらしいで」とのこと
「ほーっ、そりゃいいね。行こうか?」

というわけで、家を出たのが昼の2時
家の近くの渡辺橋駅から、京阪の快速急行にのって
五条についたのが3時過ぎ

東山五条は、雨が時々降る肌寒い天気です。
河合寛次郎は、民芸運動の中心の陶芸家
京都清水に住んでいたのか、知らんかった。
東山通りから少し西イルの奥まった所に
昭和初期の民家風の旧宅は佇んでいました。

中に入るとけっこう見物客も多く
中には、寛二郎が作った木彫やデザインした家具などが
今も生前のそのままに残されています。
(木彫もしておられたとは知りませんでした)

骨太で、しかも上品、完成度が高い
私の寛次郎作品に持っている印象ですが
やはりそう感じました。
お家は、中庭を挟んで、奥には
素焼きの窯、作陶室、登り窯などが今も残され
往時の創作ぶりがうかがわれます。

とにかく家の設計、置いてあるものすべてが
寛次郎のディテールへのこだわりが施された
ワールドといえるもので、時空を超え
素敵な空間と時間を過ごさせていただきました。

よかったねと家内と話をしながら、
東山通りを八坂さんまで歩き
四条通でお食事をいただいて帰りました。

久しぶりに外へ出た休日でした。

コンサルティングに強い 税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

逆境に正面から向かう若き経営者

Noimage ブログ

算数に強くなりたい!

Noimage ブログ

40年ぶりにドイツ語にふれる

Noimage ブログ

忘年会!

Noimage ブログ

年に一度の新春セミナーは無事、大盛況で終わりました。

Noimage ブログ

経営会議でのふりかえり

Noimage ブログ

社員のやる気を高める正しい方法

Noimage ブログ

福岡の設備工事会社の経営管理をベンチマーク