御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

過日、ある30代の後継者がご相談に見えられました。
サラリーマンをやめて、親の会社に戻られました。

そこで、先代の経営状況、社内の人間関係など
その方の目を通して見られた会社像があります。
そのお話をお聞きして、どのようにしていけばよいかというご相談です。

お聞きしたのは、その方の一方的な思いですから、
私は、社長さん、ご親戚の幹部の方のお話も聞かせてほしいとお願いしました。

そうしたら、さっそく関係者の皆さんに根回しされて
皆さんご了解されたとのメールをいただきました。

それはよかった。
さっそく皆さんにお聞きしたいことのリストを作り
また面談のお時間をお願いするメールを差し上げました。

こういう依頼したことをしっかりと段取りされる力というものは
サポートをさせていただこうとジャッジする上で
大変、プラスの力として当方には作用するものです。

皆さんのお話をすなおにお聞きして
わたしなりに、会社の方向性
(この場合、これこそ事業承継の方向性となるのでしょうが)
をしっかりまとめ
皆さんにフィードバックさしあげることができたらよいなと思っています。

コンサルティングに強い税理士法人小笠原事務所 大阪 小笠原
でした。

関連記事

Noimage ブログ

わが社の経営計画書をおわけします。

Noimage ブログ

たまっている仕事をはかす

Noimage ブログ

スカイプで遠隔地のお客様とご相談

Noimage ブログ

苦闘する経営者への応援歌

Noimage ブログ

ファシリテーターの研修に行っていました

Noimage ブログ

マネジメントについて考える

Noimage ブログ

母校の学部60周年の記念パーティに行ってきました

Noimage ブログ

パナソニックさんのお客さまの営業マン合同トレーニングをスタートしました。