御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

年に一度、師走恒例の京都南座 顔見せの歌舞伎見物である。
ミナミの『ごんべ』のお母さんにとっていただいた席は
なんと前から2列目!

今年は直前、海老蔵が前代未聞の不祥事をしでかして休演、
家内の落胆ぶりと怒り様はなんとも収まらない。

それにしてもあでやかである。
特に、玉三郎と仁左衛門、吉右衛門などが出てくると
他がかすんでしまう。圧倒的な魅力、存在感である。
玉三郎の妖艶さ、
仁左衛門のアドリブふんだんの軽妙洒脱な演技
吉右衛門のなんでも演技にしてしまう演技など

舞台の通路も使った立体的な歌舞伎の演出は
とどまるところをしらない。
歴史の中で、いろんな人が
いろんなアイデアを出すもんだなあと思う。

我當、秀太郎、仁左衛門の松嶋屋三兄弟の共演で、
舞台の上の汗のしたたり、
舞台の通路での役者に触れられるほどの近さで
演じられる掛け合い
ライブならではでのすばらしさである。

夜の部も、忠臣蔵や心中天の網島など豪華な演目で
これも見たかったなあ。
来年は、昼夜両方を見たいものだと思った。
やっぱり歌舞伎はええなあ、顔見せはまた特別やなあ
大満足の一日であった。

コンサルティングに強い税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原
でした。

関連記事

Noimage ブログ

PHPの原稿書きのプレッシャーを受けてます

Noimage ブログ

スタッフのお誕生日祝い

Noimage ブログ

哲学のお勉強

Noimage ブログ

本ができるのって早いですね!

Noimage ブログ

富裕層の税務調査とやら

Noimage ブログ

仏壇を前にした経営者親子の対話

Noimage ブログ

経営計画策定合宿のファシリテーターをしました。

Noimage ブログ

ある会社の節税戦略の下調べ