御堂筋税理士法人創業者ブログ

お客様やお取引先には、
ご挨拶状を出させていただきましたが、
実は本10月1日付にて、
才木正之(業務責任者)
松本 綾 (税務責任者)の二人が
御堂筋税理士法人の代表社員に就任致しました。
謹んで皆様にご通知申し上げます。

実は、監査法人や税理士法人の場合、
代表権のある役員は代表社員といいます。
大手の監査法人では多くの代表社員がいるのです。

しかし、私と致しましては
世代交代と法人の永続性から
代表社員の選任を企て、実行したしだいです。

実は、私は、マッキンゼー・コンサルティングを
育て上げたマービン・バウワーという人を
とても尊敬しています。

それは、大変高い職業倫理を保持しておられ、
それを自らにも課して、貫徹されたからです。

その一つの例として
トップのリタイアの時期の問題があります。
彼は、年齢以外に、それを規定する
有効な方法はないと断言しておられ、
それはまさに説得力があるからです。

そして、彼自身もそれを実行され
65歳以降は、必要な時だけ
若手にアドバイスをしたということです。

今一人、このテーマに関して影響を受けた人に
マーシャル・ゴールドスミスという方がおられます。
彼の著書、
コーチングの神様が教える後継者の育て方』は
この手の本では、最高の本だと思います。

その中で、彼は、
60歳を超えた経営者の職務承継について
時間配分も含めとても示唆に富んだ意見を
述べておられます。

そのお二人の意見に影響を受け、
私自身も、あと4年の間に
マネジメントや意思決定の権限を
順次、次世代に移管していこうと計画しているのです。

今回の人事の任命は
その中でも大きな節目となるもので
私の中では、エポック・メイキングなできごとと
位置づけるものなのです。

実は、私の組織での
こうしたさまざまな取り組みは、
皆さまに自信を持ってアドバイスを
させていただくための実験なのです。

その意味でも、
ぜひとも成功裏に
こうした取り組みを前に進めていきたいと思っております。

皆さま、どうぞ新たな体制に
ご理解を頂戴し、
両名に対して、ご指導、ご鞭撻を賜りますように
くれぐれもよろしくお願い申し上げます。

コンサルティングに強い御堂筋税理士法人&経営エンジン研究所
大阪 税理士 小笠原 でした。

関連記事

Noimage ブログ

先週の活動状況報告

Noimage ブログ

東京での2代目勉強会の例会

Noimage ブログ

家族忘年会

Noimage ブログ

社長をほめてあげたい!

Noimage ブログ

夕ご飯のメニュー

Noimage ブログ

今日で事務所の創設20周年になりました。

Noimage ブログ

今シーズン最後の釣り

Noimage ブログ

一瞬にして意識が覚醒した他社見学