御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

今日のスタートは、男鹿グランドホテルの朝食から。
これが、なんとびっくりものすごく充実しているのですよ。
昨日の夕食よりも、いいのではないか!?
普段朝は食べない私ですが、思わず、朝食を食べてしまいました。

さて朝食を終えて、車に乗って、いざ出発、
男鹿半島の水族館や遊覧船の見物も考えましたが
時間を考えて、すべてパス
一路、横手へ

さて、横手はなにがあるのでしょうか?
実は、焼きそばの「神谷焼きそば店」に行くのです。
少し早い昼食ですが、やきそば好きには見逃せないでしょう。
お店は、なんとも田舎の住宅地に突然あります。

店構えは立派、周りのおうちとは不釣り合いなほどです。
注文はソースに工夫を凝らした肉卵野菜焼きそばです。
人の良さそうな老夫婦(失礼)が作ってくださいます。
出てきた一品はおいしそう!卵と福神づけがいいですね。
お値段も本当に手頃、B級グルメなんていいますけど
でもいいものです。ごちそうさまでした。
津軽旅行11

 

 

 

さて、お腹が満足した後は、
すぐに取って返して、角館へ
ここは、江戸時代の街並みが
歴史の中に封印され、現代によみがえっている町です。

私も前々から来たかった町
何軒かの武家屋敷が今も江戸の時代のままで現存しています。
通りは、木陰が豊かで、風のすずしい風情があります。
きっと、いい気がながれているのでしょう。津軽旅行12

 

 

 

道幅も広く、往時の都市計画のあり様が偲ばれます。
こういうふうに、街並みを保存しておけば
どれだけ子孫が恩恵をこうむることか
現代の日本の為政者、建設に携わる人たちが
少しでもそうした価値を感じて帰ってくださることを
心から願わずにはおれません。津軽旅行13

 

 

 

ハイライトは、石黒家、
往時の上級武士の面目を垣間見るお屋敷です。
素敵なお庭を見ながら、しばし客間で座らせていただきました。
招かれた客人の気持ちで

津軽旅行15

 

 

 

 

またこのお屋敷には、たくさんの資料が残っているようです。
画家の資料、儒学のテキスト、生活用具、写真、新聞、書籍・・・
当時はこうした文化が地方の町々にあったのでしょう。
とてもよい時代だったように思います。津軽旅行14

(どうですかこの欄間、線がシャープで
壁に亀の姿が映る遊び心、いいですねぇ)

 

 

こうして珍道中は今回も無事に終わりました。
これからも東北探索の旅は続きます。
まだまだ見ていないところ、見たいところがあります。
今度はどこに行こうか?なんて、帰りの飛行機で相談しました。

今回もいろいろ勉強させていただきました。
知らなかったことを知る、世界を広げる、なにかに気づく
旅をするといつも思うのですが
ほんとうに旅はいいものですね。勉強になります。

税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

仙台の雑記

Noimage ブログ

哲学を学ぶ意味はすなおにものを見ること

Noimage ブログ

年末を温泉でのんびりとしたい

Noimage ブログ

営業会社の支店長・課長の研修をしています。

Noimage ブログ

マーケティング戦略と業務プロセス戦略作り

Noimage ブログ

大阪商工会議所さんへの新たなセミナー・テーマの提案

Noimage ブログ

真光教の美術館にいきました。

Noimage ブログ

遺産分割協議案のお話合い