御堂筋税理士法人創業者ブログ

月末の『小笠原流経営セミナー』のために
プレゼン資料をまとめていた。
今月のテーマは『具体的経営改善の進め方』である。

経営計画を立てて、実行管理をして、
業績を挙げていくわけであるが、
成果を挙げるためには、
経営の具体的課題を解決していかなければならない。
そこで問題になるのは経営改善を実践できるかである。

一体、業績を高めていくためには
どのような条件が必要なのだろうか?

わたしも、お客様の経営の質を
高めていくことに関わっている以上
これは、最大の重要関心事である。

そこにはふたつの領域がある。
ひとつは、お客様(の経営者、幹部、社員)の実行力と実現力である。
もうひとつは、コンサルタントとしてのわたしの知識力と影響力である。

つまり構図はこうなっている。

小笠原→経営者・幹部・社員→成果

経営者・幹部・社員の実行力と実現力については
どう考えるべきだろうか?

まず意思があるかどうかである。
次に、分析したり仮説を立てたりする考える力が要る。
そして、ぶあつい実行力だ。

とくに、経営者・管理者には、リーダーシップが必要となる。
リーダーシップとは、社員をやる気にさせる力である。
その本には、いくつかの資質または認識が必要だ。

長所に光を当て、多少のことには目をつぶって
ほめて育て、伸ばすことができるかだ。

そのためには、
それ以外に人を活かす方法はない、
人材は預かった大切なものである、
人を育てるのはわたしの使命である
といった認識が必要だろう。

関わるわたしに求められるものは何か?
的確な問題の把握力と成功への具体的方法論だ。
そして、相手をやる気にさせる影響力だろう。

そう考えると、わたしにはまだまだ
なすべきこと、考えるべきこと、
身につけることがたくさんある。

そういう観点から、
知識・意識・スキル・態度を身につけていきたいと
あらためて思いなおしたしだいである。

コンサルティングに強い経営エンジン研究所 税理士法人小笠原事務所
大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

数字に強くなる10ヶ条

Noimage ブログ

12月度早朝会(事務所の経営会議)

Noimage ブログ

できる人を連れてくる~業績のアップを加速するひとつの方法

Noimage ブログ

経理部長の仕事に対する私の思い

Noimage ブログ

PHPさんと事務所で缶詰

Noimage ブログ

ブリュッセルの王立美術館はすごい

Noimage ブログ

毎年恒例の伏見のお稲荷さんへのお参り

Noimage ブログ

新しいマネジメント大学院のプログラムを考えています。