御堂筋税理士法人創業者ブログ

御堂筋税理士法人の小笠原です。

この週末、

お客様の会社(T社)と、

その会社がM&Aで取得した会社(F社)の

合同合宿をしました。

F社の社員への発表は

まだ先ですが、私が提案して

それに先立って

幹部同士での合宿をしました。。

このM&Aについては

話を伺ったときから大賛成で

積極的に後押しをしました。

そして、とても友好的な雰囲気の中で

話が進んでいきました。

ほぼ買収契約がかたまったころに、

T社の社長に

合同の経営目標と戦略を

考える合宿の実施を勧めました。

合宿のメンバーは、

両社の社長と、担当の幹部。

40歳前半の方々を主に選抜しました。

そして、シニアの方々には

オブザーバーをお願いし

気持よく応じていただきました。

一日目は、各自の自己紹介から始まり、

両社の事業プレゼンをしてもらい、

そのあと、クロス・チームによって

今回シナジーをめざす事業領域について

SWOT分析によって戦略の検討を行いました。

そして、その結果をプレゼンしてもらい

そこから両社の戦略を融合させた

戦略を検討していきました。

(みんなで検討。なんとも変わった部屋でのミーティングではあるが)

その結果

マーケティングで3つの戦略課題

そして、それを支える生産戦略、

さらに、推進体制のあり方の

5つの重要課題が出てきました。

そうしているに、もう夕方の5時です。

ここまで一気呵成に

進めてきてもらいました。

みなさん、脳みその疲労の色も濃い。

今日はこれくらいにしてと。

あとはゆっくりとお風呂に入って、

そのあと、お楽しみの懇親会です。

M&Aで間にはいってもらった銀行さんから

とっておきの銘醸酒の差し入れ。

とろけた脳みそに染み入ります。

そして車座の2次会です。

日付が変わって1時半まで

ワイワイと盛り上がりました。

(小生は残念ながら

始まってすぐに座りながら熟睡)

さて、すっきりとした翌日は

昨日決まったテーマについて

担当を決め、

具体的な方策を検討して行きました。

これで、当初決めていた

検討すべき内容は完了です。

そして、F社10年計画と

共同チームの目標管理シートを

発表会までに

作成いただくことを

宿題とさせていただきました。

最後に、メンバーのおひとりお一人から

合宿を振り返っての感想をもらいました。

印象的だったのは

「経営的なものの考え方がわかりとてもよかった!」

とおっしゃってくれた方と

「これがなくて、いきなりM&Aの発表だったら、

ずいぶん杓子定規になっていたと思います。」

というお二人の感想でした。

(合同合宿が終わってみんなで記念撮影、

晴れやかな笑顔です)

つたないファシリテーターでしたが、

そう言っていただいて冥利に尽きました。

やはり、M&Aではこうした取り組みが大事ですね。

世は、PMI(Post Merger Integration

=買収後の文化統合)

という言葉が一般化しつつあります。

私は、この専門家を志しておりますが、

私たち(御堂筋税理士法人)が

今までおこない、培ってきた

好業績化の取組みの方法が

まさに活きるのではないかと思っています。

ですが、この取組み、

ここで終わりでは決してありません。

というか、今からが始まりです。

この合宿は、いわばハネムーン

これから結婚生活が始まるのです。

そして、2社が相協力して

今までにない、さらなる価値を創造し

手を携えながら、高業績を追求していくわけです。

こうした、取組みに

社外役員として参画できることに

心からの感謝を申し上げたいと

思っています。

会計事務所と経営コンサルティングの融合

御堂筋税理士法人&

組織デザイン研究所

小笠原 でした。

関連記事

Noimage 高業績企業づくり

「社長、M&Aした会社の経営者向けに経営指針を作りましょうよ!」

Noimage お客様の支援

新型肺炎の業績への影響を至急に調べ対策を相談する

Noimage お客様の支援

得意先のABC分析は業績倍増にはとても威力がある-コンサルと社内教育を兼ねて