御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

今日と明日は予定がありません。

朝から、居間のソファの前に居座り
パソコンを開け
参考書を10冊ばかりおいて
まとめる宿題に取り組んでいます。

することは2つあって
ひとつは経営計画の本の執筆です。
なんとかかんとかやっと1/3が済みました。
ぼちぼち書いていきます。

もうひとつは、中世のキリスト教の神学をまとめることです。
なにやかんやと本の中から引用しながらまとめていくと
不思議なもので
ようやく、
その時代背景の歴史、
キリスト教の発展の流れ
主な思想家の内容
がまとまってきました。

そうすると今まで漠然と読んでいた内容が
ああ、そういうことかと
自分なりにわかってきましたし
いくつもの本の中から気に入った
フレーズや言い回しを書き連ねていくと
立体的になってきました。
いつもお話しすることですが
何かについて考えるという
お題を自分に課するというのは
本当に効果があります。

ヨーロッパの中世は
キリスト教がギリシャ哲学を取り入れて
その後近世から近代そして現代において
西欧社会が世界を支配する
準備のための揺籃期だと思います。

やはり今のわたしたちの生きている時代の
思潮がどこからきているかを学び
わたしたちが自分の時代に対し
あるいは個人として生きていく上で
どのように考えていけばよいか
その判断基準をもつことが大切だと思うのです。

中世は4C~14Cごろのおよそ1000年間ですが
その当時ヨーロッパは世界の軍事・文化・経済の状況下では
中国や日本、イスラムに対して劣位にあったわけです。

その後の反攻と優越を考える上では
とても大事なところだと思います。
その後の発展を可能にした
政治体制、科学的知識の種子はどこにあったのか
それはヨーロッパをひとつの世界として
あらしめた共通の基盤である
キリスト教の思想の検討を抜きにしては
考えられないでしょう。

長年の疑問であるこうした問題を
考えることができるのも
とてもありがたいことだと思っています。
ぜひ自分なりの考えをまとめて
みなさんの経営の発展のお役に立てるような
考えを得たいと思います。

もう少し、がんばってまとめていきます。

コンサルティングに強い税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原
でした。

関連記事

Noimage ブログ

製材所後継者経営大学の4回目(コミュニケーションのしくみ検討)

Noimage ブログ

営業マン 業績アップのフォロー

Noimage ブログ

あきんど塾 経営計画策定フェーズのスタート

Noimage ブログ

来年の経営計画書の打ち合わせ

Noimage ブログ

営業のプレゼンのトレーニングをさせていただきました

Noimage ブログ

すべてのビジネスはサービス業である。

Noimage ブログ

本ができるのって早いですね!

Noimage ブログ

はじめての『お弁当セミナー』