御堂筋税理士法人創業者ブログ

「成功者の落とし穴」と題された

PPTのページを机の前に張り出した。

これは、

『コーチングの神様…』の著者

マーシャル・ゴールドスミスが

本の中で書いてあることである。

彼は、大企業のトップのコーチとして

著名な人だが、

その経験から、

ビジネスと組織で成功していく人格が

陥りやすい問題について

鋭い考察を加えている。

その内容を次に掲げよう。

①極度の負けず嫌い。

 ~必死になる価値のない

 ことのために勝とうとする

以下の人格的嫌味は

実はこの①に根源がある。

②何かひとこと価値を

 付け加えようとする。

③善し悪しの判断を下す。

 ~ただ「ありがとう」とだけいうこと。

④人を傷つける破壊的コメントをする。

 真実が問題でなく、

 言う価値があるかが問題

⑤「いや」「しかし」「でも」で

 文章を始める。

⑥自分がいかに賢いかを話す

 ~問題は、自分自慢でなく、

 相手を侮辱している点

⑦腹を立てているときに話す

 ~存在に腹を立てるのは無益である。

⑧否定、もしくは「うまくいくわけないよ。

 その理由はね・・・」と言う。

⑨情報を教えない。

⑩きちんと他人を認めない

 ~認めたたえるのは、締めくくり。

 ギフトのリボン

⑪他人の手柄を横取りする。

⑫言い訳をする。

⑬過去にしがみつく。

⑭えこひいきする。

⑮すまなかったという

 気持ちを表わさない。

⑯人の話を聞かない。

⑰感謝の気持ちを表わさない。

 アドバイスやお世辞を言われたら

 とりあえず「ありがとう」という。

⑱八つ当たりする。

⑲責任回避する。

⑳「私はこうなんだ」と言いすぎる。

私のような、深刻なバカだから

これは日々、反省し、少しでも

人格から、アクがでないように

しなければならないと思い直し、

机の前に貼りだした。

このうち、5つくらい該当するなと

思いながら、これは問題だと、

まあそんなことを思っています。

なぜなら、セミナーで

経営者諸氏に、

「このうち、5つ以上

当てはまる人は深刻だと

思ってくださいね」などと

したり顔で言っているからだ。

ところで、今朝

いつものように家内が

書斎に入ってきて

「おはようございます。」→礼

「おはようございます。」→礼

壁に貼った紙に関連して、

冒頭の

「よーく反省してね。

いっこも直ってないからね」

のご託宣をいただいたわけなのだ。

5つどころではない。

ぜんぜんダメらしいです。

めちゃくちゃなフィードバックに

抵抗すらできず

思わず「はーい」と言ってしまった。

会計事務所の可能性を追求する

御堂筋税理士法人&

組織デザイン研究所

大阪 税理士 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

サーバント・リーダーシップについて

Noimage ブログ

あきんど塾に新聞の取材に見えられました。

Noimage ブログ

業績を挙げるための具体策カタログ

Noimage ブログ

自分のことはわからない?

Noimage ブログ

フランクリン自伝のハイライト

Noimage ブログ

今月のドラッカーのマネジメント講座は『目標管理』 についてです。

Noimage ブログ

畏友と高山で食事

Noimage ブログ

経営会議でのふりかえり