御堂筋税理士法人創業者ブログ

宮崎で開催している製材業の後継者の経営勉強会
メンバーのUさんが、
同業種の高業績企業をベンチマーク
そのレポートをしてくれた。

事例企業の社長さんはアイデアマン
30年前に、台湾旅行で見た竹製の家具を見て
自分でも作れると始めたとのこと
竹材は豊富にあり、しかもとびっきり安い。

製品開発は自力で行ない、
わからないところは台湾から職人を呼んで作った。

この社長は営業がうまく
全国のデパートに飛び込みで営業を掛け、
現在では全国のデパートで
催事販売、受注販売をしている。

年間、数百台の生産で
ここ10年以上、3ヶ月先まで予約が詰まっているとのこと

粗利益率はよくわからないが
勉強会メンバーに言わせると
竹はタダ同然、悪く見積もっても90%以上あるだろうとのこと
デパートや催事業者に手数料を支払っても
かなり利益が残るだろうという感じがする。

製作台数から試算すると
売上高 300,000千円
変動費  30,000千円
粗利益 240,000千円
となる。

人員が22名、一人当たり粗利益が優に10,000千円を超える。
賃金水準が低い当地では(一人当たり年間300万円を切るという)
相当利益が残るだろう。

最大の脅威は、ライバルの出現だが
極端に限られた市場で、
企業的にこうした特殊な家具を作るというのは
新規参入もしにくく
かなりニッチで、そういう意味でも守られていそうだ。

いずれにしても、
アイデアでおいしい市場を創造したものだ
と言わなければなるまい。
いろいろ隠れた儲け企業があるなあ。

コンサルティングに強い税理士法人小笠原事務所 大阪 小笠原
でした。


関連記事

Noimage ブログ

幹部社員の方のヒアリング

Noimage ブログ

世界最大の鉄道模型!?

Noimage ブログ

ご参考までに-マーケティングの考えと進め方

Noimage ブログ

愛と修道の手紙

Noimage ブログ

福岡の設備工事会社の経営管理をベンチマーク

Noimage ブログ

ギリシャ悲劇を読むわけは・・・

Noimage ブログ

仕事を教えるのは誰の仕事か?

Noimage ブログ

本のご紹介『ザ・プロフィット』ー儲かるビジネスパターンの一覧表