御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

今日、ついに念願の工務店経営研究会が発足しました

メンバーは7人に私たちのスタッフ3人
会の目的とテーマは
「圧倒的に儲かり続ける工務店づくり」
いつも予約で満席の行列のできる工務店作りです。
その条件は
①売上高経常利益率5%を超える利益を出すこと
②来年のしごとはすでに全部決まっていること
の2つです。

そこで、皆さんと何に取り組んでいくかについて相談しました。
そして、工務店さんの業務の流れにしたがって
お客さんの立場から、どんなサービスをぴっかぴかに磨きあげ
行なっていけばよいかを考え、
お客様がわが社を一も二もなくえらぶ、
他の人に紹介する、
そんなポイントを考えていきました。

その結果、
1.見込み客様に注意をひいてもらう集客のプロセス
2.施工中のお客様とのコミュニケーション
がもっとも大事だということになりました。

そこで次回までに
小笠原が使っている「販売促進のフレームワーク」というものを使って
AIDASモデルにより
A;Attension=注意をひく
 I ;Interest=興味を持つ
D;Desire=欲求を持つ
A;Action=行動を起こす
S;Satisfaction=ファンになる
の流れとそれぞれの局面で提供するコンテンツやツール
そして見込み客さんへのアプローチのチャネルを
考えて設計してもらおうということになりました。

まずこのプロセスを設計して
そのあと

施工中のお客様とのコミュニケーションについて
マニュアルをつくり、しつけのテキストを作っていこうと
考えています。

これからの展開が楽しみです
みなさん、すばらしいマニュアルと作って行きましょう

税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原 です。


関連記事

Noimage ブログ

中小企業を担当する若き会計人たちへ

Noimage ブログ

がんこずしさんの会長さんを見かけました

Noimage ブログ

ご本人が不在の事業承継対策

Noimage ブログ

OJTのトレーニング(2日間コース)をさせていただきました。

Noimage ブログ

所内研修で組織開発の勉強

Noimage ブログ

「先生、やっぱりこの『ものの見方考え方』が大事なんですよ!」に感激

Noimage ブログ

幹部が育っていないと経営の成長はないのだが・・・

Noimage ブログ

増販の経営計画検討