御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

出張に行く途中、紀伊国屋本町店にちょっと寄りました。
何気なく目に付いた本が
松岡 正剛 さんの『17歳のための世界と日本の見方』です。

僕は頭が悪いので
哲学や歴史、文化や宗教のことが
さっぱり頭に入らず、コンプレックスありありなのです。

パラパラとページをめくったら、どうも大学での講義録を
筆耕したもののようです。とてもわかりやすそうだったので
衝動買い・・・早速、読み始めました。

松岡正剛さんは、ときどきWEBで、千夜千冊という
とんでもない書評のページに行き当たり、それにしてもすごい読書量と
読解力だな、どんな人なのだろう???と、興味津々だったので

うれしくなって、一気に読みました。
なんで、こういう人は、いろんな難しい思想の中身や歴史の流れを
いとも簡単に、文脈の中でわかりやすく理解できるのだろう。
とてもうらやましくなりました。

私なんかは、17歳向けのこれくらいの内容から勉強をしないと
ちんぷんかんぷんですものね。
それにしても、日本と世界のことわかってないねぇ。
いやになりますが、少しずつ勉強していきます。
正剛さん、感謝です。

税理士小笠原/河原事務所 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

スカイプで遠隔地のお客様とご相談

Noimage ブログ

カラーコーディネートしてもらいました

Noimage ブログ

経営のための業績資料の意味は?

Noimage ブログ

経理部長の仕事に対する私の思い

Noimage ブログ

がんこずしさんの会長さんを見かけました

Noimage ブログ

経営計画の本の執筆は4分の3まで進んできた┏( ^o^)┛

Noimage ブログ

SMBCさんのネットプレスに載せる私のドラッカーセミナー紹介文です。

Noimage ブログ

社員向け『ものの見方・考え方』訓練の2回目