御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

昨日は、毎月している価値観講座。
森信三先生の『修身教授録』の第1~26講を読んで
感想を述べ合いました。

その中で、Sさんが
「実はわたし、あきんど塾の最終講で
 千房の中井社長さんから、毎月給料袋に社員への手紙を入れる
 という話を聞いて、ずっとそれを実行しています。」
との発表がありました。

わたしは「それすごいね、どんなん?メールくれますか?」
とお願いしたら、
すこしはにかみながら、快諾くださり
さっそくメールをいただいた。

さっそく内容を拝見すると、
ある月は感謝の思いであったり、
ある月はご自分の感慨であったり、
いずれにしても、大変なエネルギーをもって
Sさんが経営の思いを綴り、伝えようとする
エネルギーを感じ、大変こころ揺さぶられました。

その中からお許しを得て少しご紹介

―――――――――――――――――――――――――――――――――

【Sさん】
六十八歳と社内最高齢。Sさんがお元気で働いていて下さることで、
忙しい現場がスムーズに回っています。
暑い中、なによりも体調に気を付けてください。
【 I さん】
本当に多忙な事務所。
過密で、しかも長時間の労働になって申し訳ありません。
何でもこなして下さり、つい甘えてしまいます。
社長として労働環境を改善せねば。
【Nさん】
私が社長をできているのは姉のおかげです。
自分よりもまず他人のことを考えることができる人。
その天分が社内をまとめ、お客にも支持されます。
姉の存在に、感謝。
・・・・・
【母(会長)】
朝の掃除から始まり、いろんな雑務、ありがとうございます。
父が亡くなって六日でちょうど十二年。心労も多かったと思います。
もっとゆっくりしていただきたいと思います。

すばらしい社員の存在が我が社の最大の財産です。
人間の成長には限界がありません。
若者が成長し、ベテランの皆さんが長年培った経験を次世代に伝えてくだされば、
我が社は必ず強い会社になります。
人が成長し、それが業績につながり、財務状況が改善し、強くて倒れない会社になること。
そして物心両面の豊かさを社員全員で手にすること。
それが目的です。まだまだ道半ばです。
今期は会社設立六十年の年。必ずや良い業績を残すことを誓いたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

Sさんはリーマンショックで大きな損失を出し、大変ご苦労をされ、
今はついに業績を立て直され、着実に会社の風土がよくなっています。

これも、経営者であるSさんの正しい思念が
社員の方々に伝わり、組織が感応しているからで
『原因』と『結果』の法則の正しい理解と実践の当然の答えだと感じました。

参加のメンバー一同が深くうなずき、あたたかな拍手が沸き起こりました。

コンサルティングに強い税理士法人小笠原事務所 大阪 小笠原
でした。


関連記事

Noimage ブログ

新年の決意とごあいさつ

Noimage ブログ

父の50回忌あいさつで話したいこと

Noimage ブログ

こんな一日でした。

Noimage ブログ

会議の質は経営の質

Noimage ブログ

7月の初日の1日

Noimage ブログ

人事制度の見直しのご相談

Noimage ブログ

ロータス本部の方とご面談

Noimage ブログ

都城の工場指導は生産の方程式づくり