御堂筋税理士法人創業者ブログ

先週の土曜日、
若手の税理士さんの会である
青年税理士連盟の兵庫県支部で
講演会をさせていただいた。
テーマは「繁盛する会計事務所の経営術」
多少、口はばったいテーマである。
なぜなら、成功を収めていらっしゃる
先生方はたくさんいらっしゃって
私ごときは、ものの数ではないからだ。

それでも、この講演を
お引き受けしたのには理由がある。
それは
「中小企業の経営を支援して雇用を高める」
という私のミッションを進めるためには
仲間の会計事務所の方々にも
同じ思いを持っていただき
それを実行していただきたかったからだ。
そのために、今年は
会計事務所向けのマーケティングを
本格的に進めていこうと思っている。
それは、お世話になった
税理士という仕事への恩返しにもなるからだ。

40名内外の方々が
私のお話を熱心にお聴きいただいた。
話の内容は、
専門サービス業のマーケティングとは
いかなる内容なのか?
サービスの作り込みと
プロモーションの進め方。
そして根底に流れる考え方である。
そこには当然に私の来し方、
その中で培われた考え方が
色濃く反映されている。

私の仕事のパトス(情熱)の原点は
母親へのオマージュ(思慕)であるが、
この業界に入って背中を押された
恩師、人生の先輩がお二人いらっしゃる。

お一人は、当然のことながら
わたしのボスで師匠であった出口正門先生である。
先生からは、幾度も
「小笠原!大阪一、日本一の税理士になれ!」
といわれたことを記憶している。
当時の私には(そして今も)遠く及ばない
夢のような目標だ。
しかし、私の中にそうした可能性を
認めてくださっていたことを思うと
身震いがし、目頭が熱くなる。

今、才木さんや若手のスタッフたちが
第一回会計事務所甲子園の決勝に向けて
休日、時間を惜しまずに
準備してくれているが
このイベントはそれに対する一里塚かもしれない。
ほんとうに良い機会だ。

もうお一人は
お客様の社長さん、㈱ハピネットの創業者のお一人、
井平康彦社長である。
社長から言われたことは
「小笠原君、税理士は企業の医者でなければならないよ!」
ということばだ。
このことばを私はずっと胸に刻んで
税理士という職業を歩んできたつもりだ。

まだまだ私のしごとを総決算する時期ではないが
それでも、私の事績をふりかえれたことは
自分の中の歴史、思想の形成過程、
しごとの流儀、今後のめざすものを
整理するのにはとてもよい機会になった。

あらためて、お世話になった
青年税理士連盟の皆さんに
心から感謝の意を述べたい。
そして、これを機に
こうした機会をさらに多く持てればと願っている。

コンサルティングに強い
御堂筋税理士法人&経営エンジン研究所
大阪 税理士 小笠原 でした。

関連記事

Noimage ブログ

マーケティング委員会

Noimage ブログ

今年の10大ニュース

Noimage ブログ

自動車整備会社の後継者さんの研修会

Noimage ブログ

バス会社さんでの社内講演会

Noimage ブログ

人事制度についてのすばらしいセミナーを聴きに行きました

Noimage ブログ

人の表情をよく観察して

Noimage ブログ

後継者が会社を変革する!

Noimage ブログ

私の話を食べ物に喩えると・・・