御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

年に何回か行く飛騨高山
ミシュランの日本旅行ガイドで
東京、京都などとともに数少ない
三つ星観光地として評価されて以来
外国の観光客にも評判の小京都である。

3連休の初日にあたるこの日だが
さすがに寒く、雨もしとしと
すこしものざみしいシーズンオフの様相だが
これがまたしっとりとして山あいの古都ににあう。

9月のシルバーウィークに
なじみのお寿司やさん、『すし兆』さんの
森本店長さんと看板娘ケイコちゃんとに
「11月末のブリしゃぶがいいですよ」と
誘われたのが耳に残って、

仕事の予定が一部キャンセルされたのをのがさず
ケイコちゃんにお電話さしあげたら
いたせりつくせりの心遣いで
予約をとっていただけて
初めて、平野屋本陣花兆庵に宿をとらせていただく。

例によって妻をたたきおこして
あさはやく家を出て、9時には高山につく
(家の裏にある高速入口から320キロ、3時間10分である)
宿に車をおかせていただいて、
なにしろ時間がたっぷりあるので
さっそく朝市を見て時間をつぶす。

ちかくの『こびしや』という惣菜屋さんで
おにぎりを買ってほおばる。
これがまだあたたかくて、とびきりおいしい。

最近評判の『ル・ミディ』というビストロで昼食
マダム』がワインとお食事のオーダーを訊いてくれて
あれこれお話しする。いい感じではないか。
ディジェスティフにポートワインを頼んだら
ボトルがだめだったみたいで
かわりにすてきなブランディを持ってきてくださった。
ひるからいい気分

さてお店を出て
再興なったちかくのラーメン屋さん
まさご』さんに行く。
ちょっと店構えのイメージはちがうが
やはり縮れ麺と濃厚なスープはよいと思う。

さて午後も1時半をすぎ
花兆庵さんにチェックイン
「いつもすし兆をごひいきにいただきまして
ケイコちゃんから聴いています」と
清楚なおかみさんがお話ししてくださる。
なかなかコミュニケーションの取れたお宿だなと感じる。

とにかくこのお宿、
従業員のしつけがいきとどいている。
別館7階の展望風呂から見る
高山の古い街並みの眺めはここならではの大名気分
泊らないと味わえないですね。

お風呂からあがって
本館にいくと、さっとお部屋のカギを渡される。
この辺が、外の道であれこれとサービスをしておられる従業員と
フロントの間の連絡、一目で泊り客の名前と部屋番号を覚えて
サービスを行うというプロのしつけ、
すごいと感心、感動する。

夜はおたのしみすし兆さんで
晩秋の飛騨、日本海の味をたっぷり楽しむ。
ケイコちゃんのすすめてくれた
アペリティフは濃厚なまったりしたお酒

森本店長の出してくれる、
あまえびのミソ、たまごなどのおつまみ系から始まり
たらのしらことイワゴケ
ブリ大根
(といっても、大根おろしたっぷり、わさびもたっぷりのぶりのおつくり)
グジの蒸し物
かんぱちのカマの塩焼き
ぶりのしゃぶしゃぶ
さらにたらのしらこはもういちど小鍋で・・・

これらを飛騨のおさけと
森本さん、ケイコちゃんとのおしゃべりで
とにかくおいしくておなかいっぱい
とてもおすしまでたどりつきませんでした。

さて、社員のしつけのお話しお聞きすると
森本さんが、おかみさんの奮闘の歴史をおっしゃっておられ
さすが、いきとどいたしつけは、高い目標と硬い意思
そしてご主人の高い管理力というサポートがあったとのこと
やっぱりなあ、経営コンサルタントとしては
日頃感じる繁盛店の共通した特徴を感じ
我が意を得たりである。

「こんどはいつがいい?」 とお聞きすると
「2月に入れば、ホタルイカが入るから」とか
「へぇー?そんなに早く!」
わかりました。
それまでがんばって、また顔を見せますわ。

いい気持になって、人影もまばらな
高山の通りに出ました。
目的は、仕上げの中華そば
わたしの場合は、やはり「桔梗屋」さん
シーズンオフの今日は、まだスープが残っていて
よかった。好みのワンタン麺で堪能しました。
今日はだいぶ太ったなあ。

話は早いですが
このお宿なら、また来たいですね。◎です。

コンサルティングに強い税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原
でした。

関連記事

Noimage ブログ

念願の工務店経営研究会が立ちあがりました!

Noimage ブログ

かなり早くて申し訳ないですが、仕事納めして

Noimage ブログ

チケット・ゲット奮戦記

Noimage ブログ

プラトンを読んで、経営者にとっての哲学の大事さをあらためて考えさせられる。

Noimage ブログ

大阪商工会議所の節税セミナーでした

Noimage ブログ

いよいよ本の原稿を書き出しました。

Noimage ブログ

東京からなつかしい大山さんが来てくださいました。

Noimage ブログ

吉田松陰の生涯~至誠、熱血、行動、感化の人