御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

お昼からお客様の2社の経営者とお会いしました。

1社は私と同い年のメーカーの社長。
あるメーカーへの部品供給が売上の大半を占めていました。
しかし、そのメーカーの経営の衰退につれて
メーカー自体の需要量の減少と、コストダウンのための
中国への転注による注文量の減少のダブルパンチなのです。

そのメーカーへの義理もあって、他の同業メーカーへの
営業もほとんどされなかったのですが
最近、いたたまれずに販売の打診をしたところ
少しよい感触があったとのこと
ちょっと、顔色も明るくなっておられました。

しかし、何十人もの社員の生活を思い、
家族、ご両親、ご先祖への思いをさまざまに考えられると
慎重な経営のかじ取りにならざるを得ない、
彼の立場、その熟慮には、敬意を感じざるを得ません。

わたしもあまり短絡的な提案はせずに
じっくりと彼の思考の流れとスピードに合わせ
はなしを聴くことに専念しました。

コストダウンやリストラ、統廃業、M&A・・・
いろいろなやり方がありますが
もう少し時間をかけ、答えを出していこうということになりました。

もう1社は、最近お付き合いをさせていただくようになったお会社
オーナーのご夫婦と市内のホテルでお会いしました。
わたしにぜひお話ししておきたいことがおありになる
ということで、妹ご夫婦さんも同席されて
いろいろ、お話しをお伺いしました。

創業の経緯など、私が以前からぜひお聴きしたいなあ
と思っていたことをじっくりとお話ししていただけました。
息子さんが3人いらっしゃって、いろんなことがあって
現在、ご長男さんを社長として
経営を推進していこうと決められたのです。

私も何回か会社の主なメンバーの方々と
打ち合せを重ね、基本方針は確認していますが
オーナーの思いをしっかりと感じさせていただきました。

ぜひよろしくお願いしますという、過分なお言葉をいただき
あらためて判断とアドバイスの持つ責任の重さを感じ
身の引き締まる思いでした。

経営のひとつひとつの中に、
それぞれの思い、歴史が詰まっていて
その思いをいいかたちで実現していくことが
使命だとあらためて感じたしだいです。

税理士小笠原/河原事務所 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

スイスのプライベート・バンクの説明会

Noimage ブログ

会議に必要な資料・情報を出すのはむづかしい。

Noimage ブログ

半期の計画と実績の差をどうするか?

Noimage ブログ

豊中商工会議所の経営塾

Noimage ブログ

もう少し初級のマネジメント訓練の開発

Noimage ブログ

九州の続編

Noimage ブログ

アクティブでポジティブな若き女性経営者Sさんとの出会い

Noimage ブログ

15年ぶりの同窓会