御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

定例の事務所の経営会議
先月、アクセスで作っている業績管理資料の「経営のコックピット」の
数字がでたらめなので、業をにやし、喝を入れたことはすでに書いたとおり。

1日の日に、資料の数字、算式、データの入力ルールなど徹底見直しをし
そのあと、コックピットづくりと数字の検証に
作成担当の中前君、総務の藤原さん(この方はもう10数年事務所の経理を
ひとりでしていただき能力抜群、ほんとうに頼りになるなくてはならない方!です)
には、とってもご苦労をいただきました。

さて、その甲斐あって今日の「早朝会」資料は、かなりよくなりました。
もう2週間、中前君が必死で努力してくれるそうですから
きっと素晴らしい資料ができるものと期待しています。

わたしにとって、事務所の経営会議「早朝会」はどんな場なのか?
ひとつには、事務所創業以来続けてきた、
コンサルタントとしての経営者感覚実感とお客様へのツール開発の場です。
もうひとつは、いろいろなお客様での経営感覚の共有体験から
自分の経営実行力を練磨するフィードバックの場です。

実は、昨日中前君が作ってくれているコックピットの試作品の数字を
チェックしていました。
売上の計画が、〇〇千円
実績+年末までの予測が、××千円です。
予測値は、各担当者がお客様ごとに入れている数字の合計です。
その差異が△△千円です。
な、なんと!
えらいことではありませんか?その上経費は予定通り増えているし
気持ちが若干ブルーになります。

予測は控えめにいれていますから
わたしも実は有望なご相談案件もあり、
その差の半分は埋める自信がありますが
はたして、残り半分をどうカバーするのか?

会議でその話をみんなにしました。
わたしの頭の中では、計画予算を達成することしかありませんから
みんなに問いかけました!
「どうするねん?」
するとA君が、「私は★★の案件はまだ入れていませんが・・・」
またBさんが、「私も$$の案件はまだ入れていません」
それに、これからしょうとしている企画もあるし、
そうしていくと、少し差がつまるように思います。
しかし、あと7ヶ月 容易なことでは売上の詰めはできません。

新規開発の予定はまったく入れていませんので
これもいくらか貢献してくれるでしょう。
とにかくあらたなお客様との出会いの場を考えて
後半に期待を掛けていく必要がありますね。

従来、おそらく会計事務所などという先生稼業では
販売計画とその確実実行管理などという考え方は
あまりなかったと思いますし、
わたしもそんなことは得意ではありませんでした。

しかし、さまざまなお会社で経営のご相談にあずかり
わが事として、課題を共有し、成果に一喜一憂し
幹部の方々のご苦労ぶりを仄聞傍見していると
自然にそうした経営意識、営業マン意識が
身について、ほんとうに自分にもプラスになります。

わたしたちのスタッフにもそうしたきざしが芽生え
事務所としても人材の育成と大事なみんなの給料の元である
収益の確保にも資するものだと実感するのです。

コンサルティングに強い税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原でした。


関連記事

Noimage ブログ

工務店さんの研修会でお話ししたこと

Noimage ブログ

ドラッカーのマネジメントをあらためて読んでみて感じたこと

Noimage ブログ

新年の所感を書き上げてっと・・・

Noimage ブログ

なにわあきんど塾の経営計画発表合宿

Noimage ブログ

座禅をしに行きました

Noimage ブログ

確定申告の相談会

Noimage ブログ

お客さまの経営計画の発表会に出席

Noimage ブログ

あきんど塾の塾生さんへのお奨めの本(1)