御堂筋税理士法人創業者ブログ
とある製造業会社の
コックピットを作りました。
ご存じの方もいらっしゃいますが
コックピットとは
私が経営計画から実行管理に
関わらせていただき
会議に参画する際に
会議資料として用いる
業績報告と管理の資料です。
自分でいうのもなんですが
このコックピットが
ばちっとできると
すごい効果を発揮するという
すぐれものです。
なぜなら
経営の全容と重要な指標がつかめ
経営の活動と成果の関係が
はっきりわかるようになり
その結果、経営のプロセスが
透明化するからです。
なぜそれがすごい効果を発揮するのか?
経営のプロセスが透明化すると
経営のボトルネック、問題が
くっきりと浮き出るからです。
問題がわかったら
人はかならず改善します。
その結果、業績が上がるのです。
経験上、これには例外がありません。
今、ある製造業会社の
全社版経営のコックピットを
つくり終えたところです。
この会社とは3年以上にもわたって
おつきあいをさせていただいております。
これまで各部門の業績報告資料を
鋭意整備してきましたが
ここにいたってようやく
社長始め、皆さんの経営の役に立つ
全社版のコックピットを
作成することができました。
皆さんと議論を重ねながら
試行錯誤しながら
「ええっ?
 そんなことになっているのですか!」
「じゃ、こうしましょう!」
をくり返しながら
ビジネスの流れ、
人・もの・カネの流れを
解きほぐしていったからです。
そのプロセスは絶対に必要で
人間の認識の深化には
時間が掛かるからです。
しかしながら、
そんなに時間が掛かったのは
私の力不足が原因でもあります。
今後は、超スピードアップして
スピーディに
業績の改善をめざさないと
いけないと心に誓っております。
しかし、コックピットを作りながら
それを眺めて論議しながら
幹部の皆さんは
ほんとうに成長されつつあると
感じています。
いよいよ
これから徹底して
幹部の皆さんを鍛えていく
時機がやってきました。
私はこの会社は
売上高利益率15%を
めざしてもらいたいと
考えています。
ともに考え、実現したいと
思っています。
ところで・・・
せっかくいい資料ができたので
うれしくなって
事務所のスタッフ諸君と
共有するために
メールをしました。
――――――――――――――
各位
X社向けに作った
全社版経営のコックピットです。
製造業の事例として、
自分なりには完成度の高いもの
ではないかと自負しています。
なぜかというと、この3年間で
私なりに、X社さんの
ビジネスの内容、流れ、活動と成果、
大切にしているもの
が把握できたからだと思います。
明日から、
経営陣に加われといわれても
できると思います。
その辺がコックピットを作成する
我々の姿勢、
真髄ではないでしょうか?
各自よろしく考試せよ。
小笠原
コンサルティングと会計事務所の融合
組織デザイン研究所&御堂筋税理士法人
税理士コンサルタント 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

仏教のエッセンスの続きとまとめ

Noimage ブログ

今月の工務店後継者大学は茅ヶ崎で開催です

Noimage ブログ

大学の素読の勉強

Noimage ブログ

2代目勉強会の合宿

Noimage ブログ

安倍ちゃんも僕も生産性が今年のテーマ

Noimage ブログ

マーケティングについて語る

Noimage ブログ

お酒を飲まないことの・・・

Noimage ブログ

横浜の起業家向けセミナーの第2回