御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

昨日、お客様とごいっしょに
経営の再建のための資金計画と銀行に対する交渉方法について
最終の詰めに、アドバイザーの会社におじゃましました。

仕事の方は、順調に相談も進み、
こういう方向で行こうという方針もはっきりしました。
ごいっしょした会社の方々も少し安心されたご様子でした。

話の中で、アドバイザー会社の社長さんが
お話しされていた内容で気になることがありました。

ある信用金庫で、今回のサブプライムローン問題で
運用資産に250億円の含み損が発生しているというのです。
そのために、その銀行が自己資本比率10%という
健全ラインを維持し、業務に差しさわりがないようにしようとすれば
貸出金を250億円減らさ(回収する)なければならないということです。
特に3月の決算に向けて、こうした心理が働くのではないでしょうか?

話としてはしごくまともな話で、そりゃその通りでしょうということです。
しかし、かつてのような貸し剥がし現象が再び起こる可能性があります。
ただでさえ、ちょっと景気が下降気味のところへ、
こうした資金面での追い討ちをかけられると大変厳しい事態が
起こるとも限りません。

さっそく、私たちのお客様においても、よく資金状況をチェックし
必要な情報をお伝えしなければならないなと思いました。

税理士小笠原/河原事務所 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

模擬会議をしました。

Noimage ブログ

若手会計人との飲み会

Noimage ブログ

東京でのセミナーの売り込み

Noimage ブログ

糸こんにゃくへのこだわり!?

Noimage ブログ

リッツ・カールトンの精神

Noimage ブログ

大学の大先輩

Noimage ブログ

信濃大町『俵屋』さんのすき焼きと餃子

Noimage ブログ

1年間の経営価値観講座を受けた方々の思い