御堂筋税理士法人創業者ブログ

今年も2月14日がやってきた。

バレンタイン・デイである。

 

心優しい女性方から

すてきなプレゼンントを

いただける日だ。

 

 

バレンタイン・デーは

いつごろからあったのだろう。

私の記憶では

私が中学校くらいのときからである。

 

私はもちろん

本気のチョコはもらったことがない。

これは、自虐ネタとしては自慢であるが、

本心では恥辱である。

 

しかし、原因と結果の関係により

自分に原因の矢を向ける以外にない。

(つまりもてない男だということ)

 

わが妻からももらったことがない。

先日、晩ご飯のときそういうと、

「渡したことあるで~」

とのたまわれた。

「それいつや?」

と問い返した。

 

追い打ちをかけて

「断じて、ない!」

というと、話をそらされた。

 

今朝も

「もろたことないなあ」というと

「あんた食べへんやろ」

と違う理屈を持ち出した。

ああいえば、こういうであって

永遠に期待する答えはもらえないだろう。

 

まあ、死ぬまでもらわれへんやろなあ。

なにしろ、つき合いだしたころ

「腕組んでくれへん?」

とリクエストしたら

「いやです。」

と言ったくらいの人だから。

 

さて、数年前

このようなことは

やめにしましょうと

言おうかなと思ったことがあったが、

 

家内から

そういう無粋なことを言うものではないと

たしなめられた。

だから、今もすなおにいただいている。

 

家内がそういった理由、

それはきっと

自分がチョコレートを食べたいからだ

と思っている。

 

なにしろ

もらったチョコをもって帰宅したら、

飼い犬のごとく

すりよってきて奪っていくのである。

 

そういうわけで

バレンタイン・デイは

小さなことをあれこれ思う日なのです。

 

だれか、本気のチョコください!

 

経営コンサルティングと

会計事務所の融合

 

組織デザイン研究所&

御堂筋税理士法人

 

小笠原 でした。


関連記事

Noimage 雑談

くじ運がいいのだろうか!?

Noimage プライベートなお話

2023年をふり返って-ogasahara Fam.

Noimage 雑談

スマホで検索するくせ

Noimage ブログ

思考について思考する-その2

Noimage 雑談

映画にのめりこんだあの頃2-映画・映画・映画

Noimage 税務

年よりの冷や水-今年の抱負

Noimage 雑談

映画史上燦然と輝くとんでもない大スペクタクル映画

Noimage 雑談

グローバル化時代の日本人として持っておくべきアイデンティティー