御堂筋税理士法人創業者ブログ

セブン&アイの鈴木敏文会長は

ビジネスは心理学だと言われている。

私もその通りだと思う。

だから、経営者・ビジネスマンには

自らの成功のために

心理学によるスキルを

身につけてもらいたいと願う。

(もちろんよりよい

人生を歩むためにも

必要である)

このテーマ

問われてみれば

当たり前の話である。

まず皆さんはそこが

ストンと腑に落ちるかである。

なぜかというと

あなたがものを売る相手は

人間である。

あなたが接する

部下も仲間も人間である。

そして人間には

感情があり、かなりの部分

感情に即して、ものを決め

行動するからである。

そしてそこには

いくつかの学ぶべき分野がある。

・自分を理解するスキル

・他人を理解するスキル

そして

・自己・他者、自他の関係、

 集団をリードするスキル

である。

私も30歳代から

いろいろな心理学の本を読んだ。

だが、何一つといっていいほど

真髄をつかめなかった。

(なぜならあほだからである)

だから、心理学による

洞察や実践スキルが

ビジネスの成功に

とても効果的なものだと

感じてはいたが

それをどう皆さんに

説明し納得いただくか

それができないでいたのだ。

ところが今回

そんな私にとって

頭がスッキリするような

本が出た。

私が親しくさせていただき

協同でビジネスを

させていただいている

カリスマ、本山雅英先生の

「大学生のためのコーチングと

ファシリテーションの心理学」

という本だ。

大学生のためのコーチングとファシリテーションの心理学/北大路書房
¥1,944
Amazon.co.jp

この本は5部構成で書かれている。

1.企業や社会を動かしているのは、実は「心理学」!!

2.自分の持ち味、何者でどう生きるかを理解する心理学

3.1:1のコミュニケーションの心理学

4.集団に働きかける心理学

5.リーダーシップの心理学

である。

まさにすっきり

簡にして妙

必要最小限のことが

書かれている。

そこでわかることは

心理学の超カンタンな歴史と流れ

まずそこをおさえたかった。

旅のガイド役が活きるのは

こういう理解のためでもある。

必要な考え方とスキルとしては

次のようなものだある。

・TA(交流分析)のお話+エゴグラム分析

・コーチングスキル

・ファシリテーションスキル

・モチベーションのお話~欲求と期待理論

・リーダーシップ

の考え方だ。

経営者はプロの仕事である。

でなければ業績は挙がらない。

そして皆さんはプロである。

なぜなら報酬をとって

経営をしているからだ。

そしてプロフェッショナルとは

自己鍛錬が欠かせない存在だ。

厳しいようだが

なめた経営者に未来はない。

だから成功をめざす

(それしかないが)

経営者・ビジネスマンは

これを手引きとして

セミナーで体感し、習慣化し

読書で補強して

自分の血肉としてほしい。

私のお粗末すぎる

ビジネスの体験からしても

ダントツにコスパの高かった

学びのひとつが

コーチングスキルであった。

出版社が

心理学などの学術系の

北大路書房だから

このタイトルだが

中身は経営者が

心理学の重要性を理解し

では何を学べばよいか

そしてその概要を教えてくれる

恰好のテキストである。

始めて読まれる方には

多少歯ごたえがある

内容だとは思うが

なにしろ

「大学生のための・・・」だ。

大人に歯が立たないわけはない。

ぜひ皆さんに読んでもらいたい!

会計事務所の可能性を追求する

御堂筋税理士法人&組織デザイン研究所

大阪 税理士 小笠原 でした。


関連記事

Noimage 経営者へのメッセージ

省察-経営における外部者の役割

Noimage 経営者へのメッセージ

名演説!俺が兵士なら泣くだろうなあ(アレクサンドロス大王)

Noimage お客様の支援

ベンチマークのアテンド

Noimage 経営者へのメッセージ

経営者の老後の生き方を考えてみたりする。

Noimage 経営者へのメッセージ

人材育成の哲学をまとめております。

Noimage 経営者へのメッセージ

ぼくは大好きなカエサルとおなじキャラ?!

Noimage コンサルティング

経営者・経営幹部人材をどう育てるか

Noimage コンサルティング

中小企業で実践するドラッカー経営-経営計画の作り方