御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

マドリッドに来た目的は3つの美術館巡りです。
きょうはそのふたつ目の
『ティッセン・ボルネミッサ美術館』です。
ドイツの超大金持ちのティッセン男爵が親子2代で蒐集したという
エリザベス女王のコレクションに次ぐ
世界第二位の個人コレクションに由来しています。

プラドほどではないだろうと思っていましたが
その展示品は膨大で、やはり観るのに半日かかりました。
範囲は初期のイタリアから、現代絵画まで幅広いものです。
特にアメリカ絵画、抽象絵画などはとても多いみたいです。

それにしても大金持ちはすごい!

午後は、おのぼりさん定番の
2階建ての屋根のない観光バスで
のんびり市内見物です。
スペインの建物は総じて過度な装飾
でも都市は財産ですね。
いつ来ても、ヨーロッパの都市の蓄積には
垂涎の思いがします。

コンサルティングに強い税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原
でした。


関連記事

Noimage ブログ

人事制度の見直しをスタート

Noimage ブログ

お酒を飲まないことの・・・

Noimage ブログ

時間管理の研修と『時間』意識について思うこと

Noimage ブログ

時間管理の成果のうれしいお便り

Noimage ブログ

算数の力をどうして強くするか?

Noimage ブログ

後継者のご相談

Noimage ブログ

情誼に厚い経営者

Noimage ブログ

営業管理者のマネジメント研修