御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

以前に、私の事業承継のお話しをお聞きくださった
社会保険労務士さんのご紹介で、
会社を経営されておられる女性の方が
事業承継のご相談に見えられました。

その方にはお二人のご子息がいらっしゃって
その方々に、どのように事業を継承していこうか
ということについて、いろいろとお考えがあり
それで、お悩みのようでした。

最初に、
その方のお商売の歴史や、
ご子息が会社に入ってこられた経緯などを
お聞きしました。

そして、現在の事業の状況
その方の個人資産の状況など
かいつまんでお話しをお聴きし、
あらかたの状況を頭にいれさせていただきました。

そうして、その方の願いを自由にお話しをしていただきました。
さらには、ご子息の願い(これはあくまで推測ですが)を。
幸いに、ご自分のことやお考えを
オープンにお話しいただける方で
私たちもよく内容を掴むことができました。

あらかた状況がわかったので
私は、やおらホワイトボードに
個人の資産の状況、会社の資産や負債の状況、売上の構成・・・
その方の願いをかなえようとした場合の問題解決の方法や手順などを
まとめて書いて行きながら
自分でも考えをまとめつつ
方向性についての私の考えを
お話しをさせていただきました。

私は事業承継の単なるテクニック論ではなくて
家族として、どうしていくことが幸せになることなのか

そして、その場合に会社のもうけ力(だけ)が
家族に幸せをもたらす、経済的なエンジンであること

それを弱めたり、枯渇させたりすることは
本末転倒であり、いかにしても
会社の事業の健全な成長や存続を
全員が願うべきであること

また、家族のそれぞれの願いを
どのように相互扶助の大義から
人として、より大きな観点から
どう考えていくことがよきことなのかを

お話ししながら
一度ご本人に、ご子息さん方と
お話しをされることをお勧めしました。

約2時間の対話でしたが
相談者も、お付添いの社会保険労務士さんも
「とっても、頭が整理され、すっきりしました」と
おっしゃっていただきました。

玄関口でお見送りをしながら
きっと、帰られてご家族で
お話合いをされて、糸口が見つかるのではないかと
同席した細谷と二人で思いました。

税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

大学での授業で『ものの見方・考え方』を初講義

Noimage ブログ

大前健一さんの経営戦略の本を読んで

Noimage ブログ

津軽・秋田の旅~その2

Noimage ブログ

すみません。今日からお休みをいただきます。

Noimage ブログ

来年のセミナーの企画の時期ですね。

Noimage ブログ

再度、会議の質を考える。

Noimage ブログ

大学の同窓の有志が集まるある会のお世話係

Noimage ブログ

部下指導マネジメントのトレーニング