御堂筋税理士法人創業者ブログ

コンサルティングに強い大阪の税理士 小笠原 です。

 

朝から今シーズン最後の釣りに出かけました。

 

いつもの川についたのが8時半、

さっそく川に降り立ち、しかけと餌を準備します。

のんびり探りながら、木の枝が覆いかぶさっている小川を釣り上がります。

あたりは小さなあまご特有のものばかり

小一時間釣り上がって、ようやく大きな当たりが

慎重に手繰り寄せると20センチ強のあまごです。

でも、産卵間近でからだもかなりサビています。

動きも緩慢、このさかなを持って帰っておなかに入れるよりも

生かしてこどもを産んでもらうほうが世の中のためだ

そう思って、リリース。

するとこのあまご体力がないのか

わたしの目の前の岩陰にそっと寄り添って

逃げようともせず、ずっとこちらを見ています。

「ありがとう」といってくれているような気がして、

なんか、あまごと対話できた感じがしました。

 

その次に、またゴンとヒットしました。

慎重に慎重に、無理をせず無理をせず

流れに泳がせながら、次第に手許に寄せます。
寄せてはまた、上に逃げられて、そんなことを2、3回
数分掛けてやっとタモに入れたのは
26センチの立派なイワナ
20090921094004

これはさすがにお持ち帰りしました。
そのあとも、そこそこヒットし
最後の堰堤下の大きな淵にたどり着きました。
通常、私はこの手の大プールでの釣りは苦手
でも今日は深みで当たり、竿を合わせると魚が乗りました。
これも慎重に慎重に取り込んで、24センチのあまごです。
申し訳ないですが、お持ち帰り
家内もほめてくれるでしょう。
今日は、魚だけでなく、卵・白子・キモなどgutsも
取り分けていっしょに持って帰りました。
これは秋の釣りのうれしい恵みです。
最後の釣りは、最高のマネジメントができました。
0.15の極細の糸で、糸切れ、ばらしもなく
26センチのイワナ、24センチのあまご、
20センチ超のあまご2匹、イワナ2匹
あとは無数の15センチ以下のあまごとイワナ、
これらはすべてリリース
ちょうど、堰堤までの釣りは12時ジャストに納竿
しかけが木にひっかかるトラブルも最小限度、
ちょうど餌も使い切り
堰堤から道路に上がる小道を上り
遠く、飛騨の山々を望み
やわらかな秋の日差しと風の音、草花を愛でながら、
勇躍、わが愛車に向かいました。
至福の時間ですね。
20090921185835(夕食に上ったお魚たち)

コンサルティングに強い税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原
でした。


関連記事

Noimage ブログ

自動車整備業のボランタリーチェーン団体、ロータスクラブの方々との交流

Noimage ブログ

劇団四季のサウンド・オブ・ミュージックはよかったぁ!

Noimage ブログ

お客さまへの関わり方の変化

Noimage ブログ

事業承継で雑誌の取材を受ける

Noimage ブログ

まんがの道元入門本

Noimage ブログ

ご参考までに-イノベーションと生産性のアップ

Noimage ブログ

トレーニングメニューのリニューアルを考えています。

Noimage ブログ

熊本での後継者大学合宿~街に繰り出す