御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

さみしいものですね。単身赴任のお父さんの気持ちがわかります。
実は次の日、朝からある会社の終日ミーティングなので
昨日は、夕方の新幹線で東京に向かいました。
東京から、乗り換えてさらに1時間半、
10時前に、関東のとある街に着きました。

どうも駅弁は食べる気がしなくて、お腹がペコペコ。
チェックインしたホテルの方に、どこか開いているところがあるか聞きました。
幸い、2,3ありそうなので、部屋にも行かないで、フロントに荷物を預け
真っ暗な、街中に飛び出しました。

地図を頼りに入ったのが、近くの居酒屋、
なんだか奥まったところにあり、安っぽい(失礼)つくりのお店です。
ところが、入るとびっくり、超満員なのです。
大阪じゃ、休日の夜なんて誰も来ないので、みんなお店はしまっていますが、
そんな感覚で入ったら、大違い。すごい熱気なのです。

へーっ!というわけで、海に近いところだし
「すみませーん!注文聞いてもらえますか?」
「はーい」
「いいですか?なめろうと、それからアジのお刺身、それに赤貝のひもも・・・」
「それから、煮物はのどぐろがいいな、えっ、750円安いなあ・・・
  それに、おっ、めひかりがあるのか、このめひかりのから揚げもください」

一人で寂しく、でも気楽にワインをあおっていると、出てきました。
めひかりのから揚げが、どーんてな感じで。
なんとぶっとい(大きないわしをさらに太くしたくらいのボリューム)
が6匹も入っていて。ひぇーっ、こら食べられへんなぁ、
と思って、一匹まるごと内臓もいっしょにあげたのを口にほおばると、
これが、なんと淡白で旨い、その上内臓のなんともいえない臭さが
その上にかぶさってきて、これ案外いけるじゃん。
というわけで、パクパク完食してしまいました。

一人で食べる休日の出張先の夜食は物悲しいですが、
でもめずらしく、面白かった。

※次の日、ミーティングである若手社員に聞いたら、
    俺ら、目ひかりなんて金出して食べないべぇ、とのこと
    と、ほ、ほ、そうなんだ。でもおいしかった。

税理士小笠原/河原事務所 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

1年間の経営価値観講座を受けた方々の思い

Noimage ブログ

夫婦ふたりでの焼肉

Noimage ブログ

古くからのお客さまが逝かれた

Noimage ブログ

儲けの捉え方、固定費に対する考え方を改める必要がある!

Noimage ブログ

お客様の情報収集代理人

Noimage ブログ

経営理念を社員に浸透させる方法

Noimage ブログ

オペラ『ルル』

Noimage ブログ

仕入先と得意先の合同営業トレーニング