御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

久しぶりに大前健一さんの
「マッキンゼー現代の経営戦略という本を読みました。
現代の、といっても実は1980年のこと。
軽井沢で開かれた財界向けのセミナーの講演録のようです。

たくさんの手書きの図表が入っていていかにもレトロで思索風な感じ
これがまた丹念な文字でなんともいえない知性を感じます。
内容は、製品市場戦略や販売管理技法、間接費の見直し技法など
今でも十二分すぎる思考手順で、なるほどと思わせます。

わたしも最近よく論理思考のお話をさせていただくわけですが
この本は全編、論理思考のかたまりです。(図表がすべてそうでしょう)
MECE、つまりもれずだぶらずに思考するということが貫かれていて
論理思考のお手本のような本ですね。

すぐに、事務所の来月の課題図書として指定にしました。

みなさんにもお薦めできる本ですね。

コンサルティングに強い 税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

犬吠崎

Noimage ブログ

川口の工務店を訪問しました

Noimage ブログ

ドラッカーのマネジメントをわかりやすく理解したくないですか?

Noimage ブログ

哲学を学ぶ意味はすなおにものを見ること

Noimage ブログ

継続は力なりを如実に示すK社のの経営計画発表会

Noimage ブログ

ドラッカーのマネジメントをあらためて読んでみて感じたこと

Noimage ブログ

『小学』とはなんじゃらほい?

Noimage ブログ

効果的な会議の研修法について