御堂筋税理士法人創業者ブログ

昨日、大阪はOBPのクリスタルタワーで
工務店の経営者の方々80名強にお集まりいただき
『根本対策!消費税増税後 生き残る工務店の条件』
という題目でお話をさせていただきました。

13490805018512

目的は、弊社の顧客である株式会社イワイ様の
顧客支援政策のキックオフを支援することでした。

さて、わたしとしても住宅業界は
大変深いご縁をいただいており、
かねがね、工務店経営のあり方については
ただならぬ思い(入れ)があるのです。

それというのも、
わたしの好きな言葉として
幸之助翁が孟子の言を借りて
『居は気を移す~住まいは人格形成の場』
とおっしゃっておられることに
深く同意していて、

住まいとは、
人があたたかい家庭を創り
発展的生命再續という
ひと本来の人生の意義を実現していく場であり
その住まいを創る工務店のしごとは
この上なく、使命にみちた、
したがってやりがいのあるしごとだと
実に思うからです。

ところが、わたしが垣間見るところでは
住まいづくりに携わるすべての方々が
そのような使命感に充ちみちているとは
どうしても思えないからです。

そこでお客様のお客様セミナーという
粗相があってはならない場でしたが
初めにお許しを得て、
こうした日ごろの思い、業界への問題意識を
思いのたけ、ぶつけさせていただいた次第です。

そのために、冒頭
わたしの生い立ち、経営者に対する思い、
この業界との抜き差しならない因縁、
私自身のすまいについての体験などをお話し
これからお話する辛口の提言について
お心とお耳を開いてもらう準備をいたしました。

その上で
・職人・技術者といえども経営したら営業しなければならない。
・中小企業ではトップセールスがすべてに近い。
・アフターケアこそが最大の営業である。
・お客様との接触場面すべての演出をしなければならない。現場はディズニーランドだ!
・集客→受注→施工→アフターの確立と活動バランスが業績をあげる。
 経営者は経営者のしごとに専念して、これら重要業務にバランス取れた時間配分をすべきだ
・ターゲットと訴求が明確な商品をせよ(これは高等難題であるが)
・数字による経営・原価管理をしっかりせよ!業績管理をしっかりせよ!
と訴えさせていただきました。

かような思いでしたから、お話していてかなり熱くなった部分もありました。
皆さんの反応が気になるところであったが
セミナー後、見識のある経営者の方々から
名刺交換のリクエストをいただき
大変勇気づけられる思いがいたしました。

さて、これからご参加いただいた工務店の方々の
経営の課題や思いを営業の方々が聴かれながら
今後の支援を考えていかれる予定ですが、
営業の方々にも、
営業の正しい定義、
「営業とは、顧客の問題解決を伴に計っていくパートナーである」
ということばを胸に刻んで
お客様の支援に全身全霊を傾けていただきたいものです。

コンサルティングに強い 経営エンジン研究所 税理士法人小笠原事務所
大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

ドラッカー講座の資料を作り終えました!

Noimage ブログ

某銀行の行員さん向けのプライベート講義をしました。

Noimage ブログ

旅行用の炊飯器

Noimage ブログ

年賀状の季節

Noimage ブログ

知識の探し方

Noimage ブログ

近大の学生たちとの飲み会

Noimage ブログ

人事制度の見直しをスタート

Noimage ブログ

若手税理士の皆さんに向けた講演会をしました。