御堂筋税理士法人創業者ブログ

ローマ時代のストア哲学者
セネカの『怒りについて』を読んでいる。

私のような小さなこころの持ち主は
本当につまらぬ怒りというものの制御が大事だと思うので。

なかなか示唆に富んだ本である。

『賢者は誤まっている人々に怒らない。
なぜか。誰も賢者に生まれるのでなく、
賢者になるということを知っているからである。
賢者はどの世代にもごくわずかしか
出てこないのを知っているからである。‎

だから、賢者は誤りに対して穏やかで理解がある。
誤れる者の敵ではなく、矯正者として、
日々こんな気持ちで家を出る。

「私は出会うだろう。多くの酒浸りに、
多くの色情狂に、多くの恩知らずに、
多くの欲深に、多くの狂気の野心に駆られた者たちに」。

彼はそうしたいっさいを、
医者が患者を見るのと変わらない優しい目で眺める。』

ところで最近、事務所でしている価値観講座でのこと

ある経営者の方が、
怒らないことに努力していて
最近6ヶ月間怒っていないという報告をされた。

自分が心穏やかで、人間関係がとてもよいという。

すばらしいことだ。
見習ってみようと思っている。

コンサルティングに強い税理士法人小笠原事務所 大阪 小笠原
でした。


関連記事

Noimage ブログ

ついに重い腰を上げて、仏教に取り組むか・・・

Noimage ブログ

夫婦ふたりでの焼肉

Noimage ブログ

経営者大学院の構想

Noimage ブログ

組織開発の進め方について

Noimage ブログ

工務店さんの研修会でお話ししたこと

Noimage ブログ

営業管理者のマネジメント研修

Noimage ブログ

風通しのよい組織にするための10ヶ条

Noimage ブログ

今月の工務店後継者大学は茅ヶ崎で開催です