御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

今日は月1回の事務所の終日研修。
またまた、朝8時から研修の始まりです。
今日もメニューは盛りだくさん、さあがんばろう。

まずは経営支援サービススキルの時間
今日も、園田、佐伯、中前君が経営分析の説明報告にチャレンジします。
題材は実際の最近の事例
まず最初に、10分間資料の読み込みを行ないます。
その上で、わからない点を質問します。
もういいですか?ではロープレの開始です。

設定は、新たにご契約いただいたお客様の社長さんに
わが社の決算書の分析を依頼されて、
その結果のご報告を行なうというものです。
松本さん、才木さん、河原さんが社長役をします。

トップバッターは佐伯君ロープレ1少し緊張した面持ちであいさつからスタートします。
社長役は才木さん
けっこう説明に時間をかけ、約30分を費やしました。
中身はまだまだ、概念のわからないところもあります。
しかし、持前の人懐こさは評価できるところです。

 

二番手は園田さん、
ロープレ2これはかなり緊張気味で開始します。
社長役は、本当の上司である河原さん、
社内のギャグネタも交え進めて行きます。

 

自信無げな園田さんの表情とは裏腹に
見ているうちにだんだんと引き込まれました。
それは、情報の提供、セミナーの紹介など
私が社長だったら、彼女と会う値打ちを感じたからです。

終わってからいろいろと本人にインタビューします。
「前回の反省を活かして、今日は・・・に注意してしました」
「なるほど!」
とってもよくなったよ、ということで大きな拍手(パチパチパチ)

最後は中前君、これも大変緊張気味
ロープレ3社長役は松本さん、いるいるこういうシビアな女性専務みたいな
中前君はまだ入所半年を過ぎたくらい
まだまだ荷が重いがよくがんばって最後まで終わりました。
最後はしどろもどろでしたが

みんなからフィードバックをもらい
社長役から評価をもらいます。
評価のポイントは
①説明の明瞭さ(全体的な視点から)
②説明の明瞭さ(個々の内容説明)
③社長の質問に答えたか
④会社の課題は明確になったか
⑤態度は印象がよかったか
です。なかなかシビアな評価をもらいました。

次回も同じ題材で再チャレンジしてもらうことにしました。
この『経営の診断書』という説明資料の最後のページに
経営の課題をまとめるところがあります。
それを自分なりにまとめて再度社長に説明するというものです。
今日、みんなが説明できなかった点、社長の質問に答えられなかった点に
私は、意図的に答えを与えませんでした。
それは、説明を受動的に受けても、身につかないと感じたからです。

次回までの調査や意見形成に期待しているのです。

税理士小笠原/河原事務所 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

事務所の研修

Noimage ブログ

南都銀行さんでの2代目セミナー

Noimage ブログ

経営者にとっての経営のチェックポイント

Noimage ブログ

たくさんの経営計画発表会に出席して感じたこと

Noimage ブログ

一年ぶりに釣りに行きました。

Noimage ブログ

マーケティングについて語る

Noimage ブログ

経済学の勉強をしてますが・・・

Noimage ブログ

ゴルフ場のバイトは魅力たっぷりらしい