御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

昨日は、とある会社の営業幹部向けに
時間管理のフォローアップを行ないました。

目的は、生産性を高めるために必須の
時間管理を習慣化していくことです。

フォローアップは5つの質問を私が出して
皆さんに考えていただく形で進めていきました。

質問は
Q1 時間管理はどの程度実践していますか?

答えは21名中、11名はまったくしていないということであった。

Q2 時間管理は業績を挙げていく上で
    どの程度重要な要因だと考えていますか?

答えは第一に重要、あるいはもっとも重要な課題のひとつだと
いうことでした。

Q3 では時間管理を確実におこなうためには、
    何に気をつければよいと思いますか?

時間管理の目的は、
重要なしごとに優先的に取り組めるようにすることです。
そのためには
1.他人ができることはしない。
2.優先順位の高いしごとから取組む。
3.しないことを決める。
の3つをしっかりとしていけばよいと思います。

そして、集中できる2時間以上の時間を取れるようにするわけです。

仮に、時間の集計や計画、管理を額面どおりできなくても
上のポイントを確実に行なえばよしとしましょう。

Q4 小笠原に訊きたいことはありますか?

「営業のようなしごとの場合、どう時間管理していけばよいのか?」
「小笠原さんはどうして時間管理しているのか?」

Q5 明日から時間管理にどうチャレンジして
    習慣化していきますか?

全員に目標を立ててもらいました。
そして3ヶ月間、
しっかり経営会議でチェックしてもらうこととしました。

時間管理をして、重要なしごとに取り組む時間を確保することは
P・ドラッカー教授も書いておられるように
ビジネスマンの超一級の重要な課題です。
なぜなら、成果と努力はアンバランスになっているからです。

そして、成果を挙げているビジネスマンは
例外なく、時間を大切に管理しています。

皆さんはどうでしょうか?

コンサルティングに強い税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原
でした。

関連記事

Noimage ブログ

スイスでの過ごし方

Noimage ブログ

ワインに惹かれて銀行のセミナーに

Noimage ブログ

交渉術のまとめ~営業における交渉術の重要性

Noimage ブログ

諫早ですばらしい社長さんとお会いしました

Noimage ブログ

東大教授の生産管理の本はむずかしい(・・)…

Noimage ブログ

工務店グループの勉強会(第2回目)

Noimage ブログ

いつか後継者育成塾をしたいと思っています。

Noimage ブログ

プライベートで九州に