御堂筋税理士法人創業者ブログ

先週、2、3件、お客様におじゃまして
ヒアリングやトレーニングをさせていただいた。

昨日もそうだ。
朝から、とある会社で、部門長に集まってもらい
自分の部門の全体像を考えてもらった。

目的は、来期、業績を挙げるための
仕事の全体像理解と課題の認識である。

まず大きな流れをホワイトボードで示した。
――――――――――――――――――
       事業の全体像
   ↓                ↓

やるべきこと        おさえる数字
   ↓                ↓
 目標管理          数字資料
   ↓                ↓
        会   議
           ↓
        時間管理
           ↓
     巡回指導と個人面談
――――――――――――――――――

それから、グループに分かれてそれぞれの
部門と仕事の全体像をまとめてもらった。
考えるためのフォーマットは私が作って提供した。

その手順は次の通りだ。
1.顧客構造とリソース(人員)の全体像と適合度
  それぞれの課題
2.既存顧客との関係性を深化させる手順と必要量
3.新規開発の手順と必要な成果量・活動量
4.商品拡販の手順と必要な成果量・活動量
5.コミュニケーションシステム
6.必要な情報とそれをとる方法
7.業務プロセスやその他しつけ・訓練などの課題
8.必要な業務・課題の役割分担
9.目標管理すべき項目の洗い出し

そのワークをしてもらっている間
わたしは、皆さんの質問に答えながら
会議で必要な情報のフォーマットを検討した。

それらは、
・経営のコックピット
・部門別損益計算書
・詳細な採算性の分析資料
である。

これに、今日作っている
・事業の全体像
・目標管理シート
・時間実績集計表
で、経営計画に具体性と管理可能性を
盛り込むことができるのだ。

帰り、送ってもらう車の中で
社長に、「絶対に目標利益は出せる!」と
強い口調で念押しした。

社長も、確認されるように
「絶対に利益を出せますよね。」
と一人語りのように答えられた。

コンサルティングに強い 経営エンジン研究所&御堂筋税理士法人
大阪 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

承継義塾の打合せ

Noimage ブログ

社員のモチベーションの高い組織の作り方を考え中

Noimage ブログ

今日は経営のコックピット活用の指導です。

Noimage ブログ

鉄鋼商社の団体でのセミナー

Noimage ブログ

わが社の経営計画書をおわけします。

Noimage ブログ

ティーチングについて考える

Noimage ブログ

幹部を鍛え、成果をあげる方法

Noimage ブログ

会議で人が変わった!