御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪のコンサルティング税理士 小笠原 です。

ビジネスマンは数字に強くなければいけません。
ではどのようにすれば数字力が身につくのでしょうか?
最近、1、2の方から数字の研修を打診されていて
ふと思いついたことをつらつら書いてみましょう。

数字の研修は2日要りますね。
・決算書を見て評価する眼を養うのが1日
・具体的に『儲けてお金を残す』ためのアクションができるために1日

まず、自社にせよ、得意先など他社にせよ決算書を評価する方法ですが
・『経営の診断書』でビジュアル(グラフ的)に
 P/L、B/Sを事例会社と業界標準との比較で評価する。
・そのうえで、『経営のものさし』を当てて事例会社の
 儲ける力、お金の効率的使い方、お金の残り方を評価する。

ここまでは、今までもしている内容です。
そこに、P/L、B/Sのパターン分類をして
それぞれの評価、その原因、対策をしっかり納得してもらいます。

B/S(貸借対照表=お金の使い方と出所)では、
1.本当にお金をたくさん使っているパターン
 ・売掛や在庫(運転資金といいます)が多い
 ・設備投資が多い
 ・その他のことやものにお金をつぎ込んでいる
 ・手許の資金が多い(資金の余裕を求めるタイプに多い)
2.不適正な経理で、使っているお金が多く見えているパターン
 ・売掛や在庫のふくらましや不良在庫・貸し倒れの未処理
 ・設備の減価償却をしていないか、値打ちの下がったものを
   評価ダウンしていない
 →これらは、それを落として1のパターンに戻して評価する。
3.資金の出所が他人依存のパターン
 ・仕入先に長く支払を待ってもらってしのいでいる
 ・銀行特に短期借入に依存している
 ・お客様からの前受でしのいでいる
 ・経営者自身が会社に貸し付けている
さて、こうしてお得意先のB/Sを見て、このパターン表に照らせば、
業界の標準形から見て、その会社がどのパターン(症状)を
来しているかがわかります。

4.そこで、理想形とはなにかを示します。
そして、そうなるためには何が必要か?
これが、研修の理解の求めるところです。
 ・売掛金と在庫を管理する方法
 ・設備投資をするべきかどうかの意思決定法
 ・要らないものを買わないようにする方法
 ・資金繰りの管理法
 ・お金の調達のしかた
 ・そして、なにより利益への執念
それぞれの症状によって、処方箋もちがいますが
決算書を見た人が、まがりなりにも処方できれば
この研修の成果としては上々でしょう。

今日はこれくらいにしてと
また機会があれば、具体的に『儲けてお金を残す』ための
アクションができるためにはどういう勉強が必要か
お話しします。では

コンサルティングに強い 税理士小笠原/河原事務所 大阪 小笠原
でした。

関連記事

Noimage ブログ

ロータスさんの講演会の最後は長野で

Noimage ブログ

ご兄弟で築いてこられた会社の承継

Noimage ブログ

世界最大の鉄道模型!?

Noimage ブログ

2年目の経営計画策定ミーティングは大きく成長しています。

Noimage ブログ

人がやめる

Noimage ブログ

ソロバンが立つ幹部の育成法について考える

Noimage ブログ

価値観講座がまた始まりました。

Noimage ブログ

『選ばれるプロフェッショナル』