御堂筋税理士法人創業者ブログ

大阪の税理士 小笠原 です。

今日は、2代目大学の卒業生の高島正太郎君の車に乗せてもらって
いっしょに諫早まで行くことにしました。

目的は、テレビで見た「わらすぼ」というエイリアンみたいなお魚を食べること。
高島君がいろいろ探してくれましたが、今では食べられるお店がないとか
うーん、残念

諫早に出て、せっかくだから彼の会社を見学に行きました。
なんと、広い!8,000坪の敷地に、プレカット工場がいくつもある。
ずいぶん立派な会社なんですね

そうこうしているうちに、彼のお父上の高島建設工業の社長さんでいらっしゃる
高島正弘さん と奥様が、お見えになられました。
お休みの日に、勝手にお会社に闖入したうえに、
社長さんにまで、ご足労をおかけするなんて
私も、申し訳ない限りです。

高島社長さんは、きちっと髪をお手入れされて、
いかにも知的で、おだやかな表情の紳士。

社長室でしばらくお話をお伺いさせていただきましたが
先見性に満ちた経営のビジョンをお持ちで
また、息子さんの可能性を認め、大きな心で見つめておられ
かつ、大変な読書家、勉強家でいらっしゃることがわかり
立派な社長さんだなあと敬服しました。

ゆったりとした社長室には
創業者のお父様のお写真や叙勲の表彰状など
いかにも歴史のある、地域に貢献しているお会社だと感じました。

社長さんが
「小笠原さん、その壁に掛けてある絵、バリ島で買ったのですが
 なぜ私が気に入ったと思います。?」
私)「さあ、なぜなんですか?」
社長さん)「この絵、真中に鬼がいてね、鬼はすなわち神様ですね、
 その周りにたくさんの人がいますでしょ。私はたくさんの方に
 会社にきていただきたい。『千客万来』をねがっているのですよ。」

なるほどそういう思いでいらっしゃるのですね。

社長さん)「せっかくだから、お昼をごいっしょしましょう。
 もう、席を取っているので・・・」
私は固辞しましたが、それも失礼とありがたくご一緒させていただきました。
高島社長さんのお話をじっくりとお聞きしたかったからです。

地元のとてもおいしい鰻をいただける「北御門」というお店
奥様と正太郎君も交えて、諫早のおいしい食べ物を満喫させていただきました。

話は、業界のこと、メーカーや問屋さんの方々とのご交友のお話と
とても勉強になることばかりでした。
このごろはご夫婦で、お休みの日は近くのスパめぐりとか
本当になかむづまじく、またご多忙の中
お時間を取っていただき、諫早駅まで
私たちをお送りいただき、本当に温かいお気持ちが心にしみる
ひとときでした。
お車で帰られるのを、いつまでもお見送りさせていただきました。
いい出会いでした。(感謝)

税理士小笠原/河原事務所 小笠原 でした。


関連記事

Noimage ブログ

会計事務所の方々に弊社の会議をごらんいただく(第2回)

Noimage ブログ

なにわあきんど塾恒例の決算書分析講座

Noimage ブログ

東京・大阪・名古屋でセミナーをして感じること

Noimage ブログ

経営改善の実行力と実現力

Noimage ブログ

内部統制による内部監査の準備

Noimage ブログ

お金に対する態度

Noimage ブログ

会社における私の役割分担

Noimage ブログ

本年度第一回目のあきんど塾